▲ページTOPへ

簡単かつ、シンプルな売上アップの方法とは?

鳥羽洋史

こんにちは、鳥羽洋史です。
私は、生まれ育った神戸市で、そば屋を経営しています。
そして、今でも毎朝5時から、その日に必要な分のそばをうっています。
おかげさまで、2016年で30周年を迎えることが出来ました。
私は30年以上続く、現役のそば屋の経営者であり、そして毎朝そばをうつ職人でもあります。

私がそば屋を開店した1986年には、競合店も少なく、
お店を開ければ黙っていても、お客様が押し寄せる状態でした。
当時の私は、その状態が自分の頑張りによるものだと疑いもしませんでした。
美味しい物を作っていれば、勝手にお客様が来てくれる。そんな風に思っていました。

しかし、そんな状態がいつまでも続くわけはなく、
開店当初は300万を超える売上だったのが、気づけば200万を下回り、
毎月30万以上の赤字を出すようになっていきました。
更に、阪神大震災によるお店の修復費用や、運転資金などの借り入れを繰り返すうちに、気づけば借金総額9830万円以上という、まさにがけっぷちで、倒産直前の危機に陥ってしまったのです。

眠れない時も何度もあり、包丁を握ると、おかしなことを考えそうになる事さえありました。
ただ、そんなギリギリな状況でも、たった一つ良い事がありました。
それは、ただ美味しいものを作って、待っているだけでは、お店は繁盛しないと言う事に気づけた事でした。

それからというもの、様々なセミナーに参加しては実践し、本を読んでは実践し、
ひたすら実践と改善を繰り返していきました。
その結果、儲かる仕組みのノウハウを、作り上げることが出来ました。
実際に、その儲かる仕組みのおかげで、一時期、月商200万円以下にまで落ち込んでいたのが、
今では月商400万を越える繁盛そば屋にすることが出来ました。

もしかしてあなたも、私と同じように売上が下がってきたり、借金が増えてきてはいませんか?
そうでなくても、自分のお店に何か不安を感じてはいませんか?
そして、その状態を何とかしたいと思っていませんか?

もちろん、何もしないで、現状を良くすることはできません。
他の誰でもなく、あなたの行動でしか、お店は変わりません。

だけど、当時の私のように、どう行動したら良いのか、分からないという方も、多いのではないでしょうか?
誰に聞けば良いのだろう?
何から始めたら良いのだろう?
そんな声が聞こえてきそうです・・・

ですから私は、そんな悩みを持つ、同じ飲食店経営者の方の、少しでもお役に立ちたいと思い、
メールマガジンを発信しています。
私が試行錯誤して、実践を繰り返して積み上げてきた、
数々の儲かる仕組みのノウハウをお伝えさせてもらっています。

実際に、私のお店で実証済みのノウハウで、お店を運営した事もない、
実証する事が出来ない、なんちゃってコンサルタントとは、異なる情報だという自負はあります。

もちろん、私自身の経験ですので、必ずしもあなたのお店にあてはまるものばかりでは、ないかもしれません。
また、100人に伝えれば100人とも成果が出ると保証するものでもありません。

しかし、私が発信するメールマガジンを読んで、実際に行動すると必ず、何かしらの結果がでます。
もちろん、良い結果もあれば、あまり良くない結果もあるでしょう。
でも、たとえあまり良くない結果だとしても、行動したことでしか気づけない、問題点が出てきます。
そして、その問題点を一つずつ改善する事で、あなたのお店にあった儲かる仕組みを、
あなた自身の手で作り上げることができます。

一番怖いのは、問題に気付けない、問題を問題だと認識できない状態です。
それは、何も行動していないからだとも言えます。

ですからぜひ、私のメールマガジンを読んで、行動し、問題点をあぶりだし、
一つずつ改善していって、少しでも売上を伸ばしていってもらいたいと思います。

でも、なぜそこまで教えてくれるの?と、あなたは思うかもしれません。
たしかに、そうですよね。以前の私もそう思ったに違いありません。
そんな情報を教えるなんて馬鹿じゃねーと思ったかもしれません。
何か裏があるのでは?と疑ったかもしれません。

でも安心してください。正直に言いますが、自分の為にやっているだけなのです。
はっきり言って、このメールマガジンは誰よりも私の為になるからやっています。

今でこそ、1時間ほどで書くことが出来るようになりましたが、始めた頃は毎回3時間以上かけて書いていました。
上手く伝えることが出来ず、何度もやめようと思いました。本当に大変です。
それでも続けているのは、それが自分にとって必要だからです。
メールマガジンで発信する事で、情報が整理されますし、より理解が深まります。
それも、今あなたが読んでくれているように、読み手がいることが大事なのです。
同じ飲食の世界で働くあなたとって、有益な情報として伝えることに意味があります。

そうでないと、私にとっても有益な情報として理解できないからです。
だから、メールマガジンを発信する事は、私にとって、最高の学びになります。

そして、少し恰好つけているように感じるかもしれませんが、
同じ飲食で働く仲間を勝手に同志と思っていますし、尊敬しています。

私も30年以上やっているので、その大変さはよくわかっています。
それでも、続けてこられたのは、楽しみにし、喜んでくれるお客様がいたから、
そして一緒に働く仲間がいたから、何より自分を支えてくれる家族がいたからです。
きっと、あなたもそうではないでしょうか?

また、飲食の世界に育ててもらったからこそ、今の私がいます。
そんな私が飲食の世界にできる恩返しが、同じ飲食の世界で働く同志を、正しい方向に導き、
成功してもらう事だと思っています。

まだまだ多くの飲食店経営者が、美味しい料理だけで、お客様を集客できると思っています。
もちろん、美味しい料理は大事ですが、それだけではダメなのです。
せっかく一生懸命やっているのに、成果が出ないのは、ほんの少しやることが間違っているからです。
その一生懸命な想いを正しい方向に導くだけで、成果はではじめます。
それなのに、その方法を知らないだけで、頑張りが報われないのは、本当にもったいない事です。

だから私は、このメールマガジンを読んで正しく実践する事で、
一人でも多くの同志である飲食店経営者に成果を上げてもらいたいと思っています。
そして、今まで以上に飲食の世界を好きにり、更には飲食業界を盛り上げていく経営者が、
一人でも多く現れてくれることを心から望んでいます。
その為に、一人でも多くの方にこのメールマガジンを読んでもらえるように、無料で購読できるようにしています。

もし、何か一つでも為になりそうだなと感じて頂けたのなら、まずは無料購読に申し込んでください。
もちろん、途中で必要無くなったら、いつでも解約できます。
ただ、そうならないように、私自身もあなたに役立つ情報を発信し続けていきます。

あなたが一歩踏み出し、実践をし、素晴らしい成果をあげることを、心から願っています。

※お店の席数や提供する商品によって、個人差があります。

今よりも更に、売上と利益をアップさせたい方は、こちらへ

― 飲食店の売上倍増購読フォーム ―

メールアドレス (半角英数字)

※入力ミスにご注意ください / クリックしても、料金は1円も発生いたしません / メールマガジンの購読は、いつでも好きな時に解除できます

[ ご登録前に必ずお読みください ]

  • 登録された個人情報は弊社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理されます。
  • この小冊子は受講者の売り上げ、利益などを保証するものではありません。
  • 小冊子を購読した方には、弊社のサービス(有料)に関するご案内メールが届く場合があります。ご了承ください。
  • 弊社から届くメールは、本文中の解除URLをクリックすると、簡単に解除できます。

以下のような内容で、無料メルマガを発信しています!

  • 閑散期の暇な月でも、売上を上げるシンプルだけど確実は方法とは?
  • やればやるほど、新しいお客様が来店するチラシの作り方
  • すぐに効果が出る、店頭POPの言葉の使い方とは?
  • 再来店を促すだけでなく、お客様から感謝されるハガキDMの作り方とは?
  • 瞬間的ではなく、継続的に着実に売上を伸ばす理想的な方法とは?

etc・・・

今まで以上に売上を上げるためには、
料理の腕を上げ商品力を磨くのも、もちろん大事ですが、
それと同じか、それ以上に大事な事があります。
それは、自分たちで販促活動を行い、お客様を集客していく事です。

もしあなたが、販促活動をせず、集客の対策をしなければ、
お客様が来てくれるのを、ただただ待っているだけの、
待ちの経営状態が続いてしまいます。

この待ちの経営だと、たまたまお客様が来てくれれば良いですが、
もし来なかった日には、不安で不安で眠れない等、精神状態も良くなく、
来る日来ない日で、一喜一憂を繰り返す事になります。
お客様が来るか来ないかは、その時のお客様の気分にゆだねられることになります。
つまりは、あなたのお店の売上が、お客様のその日の気分によって、振り回されるという事です。
そんな状態だと不安で不安で眠れなくもなりますよね。

でも、安心してください。
この不安な状態を打開する方法があります。

その方法とは、お店の売上を伸ばすために、ただお客様が来るのを待つのではなく、
お店から積極的にアプローチを行う、攻めの経営を行うと言う事
です。

例えば、

等に取り組む事です。

もちろん、そんな事は知っている、聞いたことがあるという方もいると思います。
でも、どうすれば良いか分からない方が多いのではないかと思います。
なぜなら、これらの具体的な方法を教えてくれる人が、いないからです。
そして、もし教わるなら、現役の飲食店経営者に、実践し効果が出た方法を教わりたいですよね。

そこで実際にそば屋を経営している私が、

等を、実際に経営をしながら実践してわかった、現場のリアルな声で、わかりやすくお伝えしていきます。

では、実際にどんなメールマガジンが届くのかを知って頂くために、
過去に発信したメールマガジンの記事をご紹介したいと思います。

〇〇売れるチラシには型がある!
from:神戸のそば屋

おはようございます。
鳥羽です。
2月から開催している集客マスタープロジェクト参加者から
続々と嬉しいお便りが来ています。

「鳥羽さん チラシってこんなにたくさんお客さんがくるんですね!」
「昨日、チラシを折り込んだら、いきなり8名の方が来店してくれました
びっくりです。ありがとございます。」
等です。

こういうメールを貰うたびに私もうれしくって、
昨日なんてハイボールを5杯も飲んでしまいました。(笑)

さて、さて、わたしは、
チラシを作った事のない方、
また、これまでチラシを作っていたが反応が得られなかった方に
チラシづくりを教える時に、いつも言うことがあります。

それは、、、
「私のつくったチラシをそっくりそのまま真似て作って下さい!」と言います。

みなさんが、一様に、
「鳥羽さんのチラシを真似て作りま~~す!」とおっしゃいます。
が、、、、、
しかし、、、
最初に出来あがったチラシを見ると、
私のチラシを本当にそっくり真似て作っている方は
全体の2割にも至りません!

  • キャッチコピーだけ真似て、内容がキャッチコピーとあってないもの
  • 配置や色だけ真似ていて内容がぜんぜん違うもの
  • 色づかいが無茶苦茶で見た目が別物になっているもの
  • 私の数あるチラシの中から自分の好みのパーツだけを寄せ集めて作ったもの

等です。

高い反応のあるチラシってのは、型があります。

「どの場所に何を書くのか?」
「お客さまにどういう流れで読み進めてもらうのか?」
で反応を得ることができるのです。

その型ですが、

  1. 思わず見てしまうターゲットに呼びかけるキャッチコピー
  2. 店主の思いを込めた挨拶文
  3. 店主のこだわりや思いの紹介
  4. こだわりが詰まった商品紹介
  5. 店名・営業時間・連絡先
  6. 誰が見てもわかりやすい地図
  7. 来店を後押し、使いたくなるクーポン

このような流れと、かたちがあるわけです。

反応の取れるチラシと取れないチラシというのは、
お客様がチラシを手に取って思わず見入ってしまい、
読み進めるうちにどうしても行きたくなるような
流れが必要になるわけです。

キャッチコピーを見て手に取っても
文章がそのキャッチコピーに合ってなかったり、
ターゲットに沿わない文章が書かれていたり、
料理写真を見ても美味しさが伝わらなかったら、
食べに行きたいと思ってもらえません。

来店を促すためにどういう流れで書けばいいのか?
なにをどの場所に書けばいいのか?
わかっている方とわかってない方では、
チラシの反応に大きな違いが出てしますのです。

そば打ちだって、書道だって、どんなことだって、型があります。
それを無視してはいっこうに上手く出来るようにはなりません。
何回も何回もお手本を見て忠実に真似ることなのです。

上手くなる前からオリジナルを作ってはいけません。
えり好みして、自分勝手に真似ても上手くいきません。
チラシも同じなのです!

だからわたしは、いつも
「反応のあるチラシを真似て作ってください!」といつもいうのです。

何回も何回も真似ているうちに、
そのチラシがどのような意図で、どのような思いで どのような考えで
作ったかが、だんだんと分かってくるのです。

そうすることによって、、、
上っ面だけでなく、だんだんと、
構造を理解出来るようになるのだと思います。

その時、初めてオリジナルが溢れた
自分なりの良いチラシが出来るのだと思います。
とにかく、徹底的に真似てみることです!

あなたを応援しています。
それでは今日も張り切ってまいりましょう。
鳥羽

今よりも更に、売上と利益をアップさせたい方は、こちらへ

― 飲食店の売上倍増購読フォーム ―

メールアドレス (半角英数字)

※入力ミスにご注意ください / クリックしても、料金は1円も発生いたしません / メールマガジンの購読は、いつでも好きな時に解除できます

[ ご登録前に必ずお読みください ]

  • 登録された個人情報は弊社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理されます。
  • この小冊子は受講者の売り上げ、利益などを保証するものではありません。
  • 小冊子を購読した方には、弊社のサービス(有料)に関するご案内メールが届く場合があります。ご了承ください。
  • 弊社から届くメールは、本文中の解除URLをクリックすると、簡単に解除できます。

無料メールマガジンを購読することで、
どんなことがわかるのか?

  • 初めて来店するお客様を、自分で呼び込む方法がわかる。
  • 数ある販促物の、作り方のポイントとその利用方法がわかる。
  • 単発な一時的なものではなく、
    この先の将来、継続的に、売上・利益を伸ばしていく方法がわかる。

経営者であるあなた自らが、自分でお客様を呼び込むことで、売上を上げ、自分のお店を繁盛店へと改善していく!その為のスタートを、今ここからきりませんか?

なんと今!!! 無料メールマガジン購読の、お申し込みをすると、繁盛店へ一歩近づく「飲食店の売上倍増法」の小冊子をプレゼント!

気になる中身は?

今よりも更に、売上と利益をアップさせたい方は、こちらへ

― 飲食店の売上倍増購読フォーム ―

メールアドレス (半角英数字)

※入力ミスにご注意ください / クリックしても、料金は1円も発生いたしません / メールマガジンの購読は、いつでも好きな時に解除できます

[ ご登録前に必ずお読みください ]

  • 登録された個人情報は弊社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理されます。
  • この小冊子は受講者の売り上げ、利益などを保証するものではありません。
  • 小冊子を購読した方には、弊社のサービス(有料)に関するご案内メールが届く場合があります。ご了承ください。
  • 弊社から届くメールは、本文中の解除URLをクリックすると、簡単に解除できます。

でも、なぜそんな、時間とお金をかけて積み上げてきた、実証済みの方法をわざわざ無料で公開するのか?
そしてなぜ、更に小冊子まで無料でプレゼントするのか?
ひょっとすると、あなたはそう思ったかもしれません。
実は、そこには2つの理由があります。
その理由とは・・・・・

理由1

鳥羽塾の有料会員への入会、
有料教材の販売を目的としていることです。

あなたの店を繁盛店にするには、数々の実践と検証が必要です。 短期間で達成できるほど甘くはありません。

鳥羽塾の会員として一緒に取り組めば、あなたはどんどん行動し、実践を重ね、単発的ではなく、長期にわたり利益の残る経営力が身につくことになるからです。 しかし、世の中には沢山のコンサルタントがいますので、どのコンサルタントがいいのか、選択は難しいですよね。

なので、無料メルマガと小冊子を是非、手に入れて実感してもらいたいと思います。

理由2

皆さんに楽しく、
経営していって欲しいからです。

なぜなら私は、楽しい飲食店に行くと、すごく元気になります。 そんなお店があるだけで、町が元気になると思っています。 だから、あなたのお店もぜひ、元気に営業していって欲しいのです。

ただその為には、売上と利益が必要となります。私自身、大変厳しい時代がありました。それから今に至るまでは、たくさんの時間とお金を必要としてきました。私がそこを乗り越え、今に至ったのは、たまたまだったかもしれません。そのくらい苦しい状態でした。きっと、同じような方もたくさんいらっしゃると思います。すでに時間もお金も余裕がないかもしれません。 でも、それで諦めて欲しくないのです。 そういった方たちに、少しでも役に立てればと毎回思って、無料でメルマガを発信しています。

ですから、ぜひ、購読していただきたいと思っています。 もし必要でなくなれば、メール最後の解除用URLをクリックするだけで簡単に解除できます。

今よりも更に、売上と利益をアップさせたい方は、こちらへ

― 飲食店の売上倍増購読フォーム ―

メールアドレス (半角英数字)

※入力ミスにご注意ください / クリックしても、料金は1円も発生いたしません / メールマガジンの購読は、いつでも好きな時に解除できます

[ ご登録前に必ずお読みください ]

  • 登録された個人情報は弊社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理されます。
  • この小冊子は受講者の売り上げ、利益などを保証するものではありません。
  • 小冊子を購読した方には、弊社のサービス(有料)に関するご案内メールが届く場合があります。ご了承ください。
  • 弊社から届くメールは、本文中の解除URLをクリックすると、簡単に解除できます。

プロフィール

鳥羽 洋史

・集客アドバイザー
・飲食店コンサルタント
有限会社出雲 代表取締役

鳥羽 洋史(とばひろし)

1962年 兵庫県神戸市長田区で大衆食堂を経営する父の二男として生まれる。
小さな頃から住み込みの見習いなどと暮らし、店を手伝い、商売人の根性を学ぶ。

15歳の時、父がお店を大衆食堂から蕎麦屋に業態転換。
父のそば店で蕎麦をうちながら、本格的にそば職人としてのスタートを歩み始める。

1986年 24歳の時 結婚を機に、そば屋(出石そばいづも)を独立開業
順調に店は繁盛、二人の娘も授かり、夢と希望に満ちた日々を送る。

1995年 33歳の時 阪神淡路大震災に遭い 店、自宅などを失う
2003年 業績悪化の為 赤字転落 借金9830万に拡大

そのような中、独自の集客法を作り、破産の危機から復活。
現在は、自ら売り上げをコントロール、順調に店も繁盛し業績を伸ばしている。

私が目指すものは、小さな飲食店を元気にする事。
小さな飲食店経営者が夢と希望に満ちた経営をする事。

待っているだけのお客様まかせの経営ではなく、
自ら売り上げも人生もコントロールできる経営者へと導き、共に生きていく事です。

自分の経験したことや学んだ販促スキルで、
経営に伸び悩む全国の小さなお店の経営者の方々のお役にたちたい
悩みを抱える経営者の方たちに、
儲かる仕組みを構築してもらいたいと思い、
一緒に実践して、繁盛店を目指していく、そば屋繁盛研究会鳥羽塾
という会員制のサポート組織を設立しました。

最近では、全国各地で経営者の方々に講師としてセミナーを開催、
宣伝・広告物の作成術を教材化し、販売するなど、幅広く活動しています。