メールマガジン申込み
rogo
メルマガ登録
header

儲かるチラシの作り方 用紙の大きさ

2013年9月14日
from:神戸のそば屋から
by :鳥羽 洋史

 

こんばんわ、

鳥羽です!

 

さて、今日お話しするのは、

チラシの用紙の大きさなんですが、

折り込まれる時に織り目がない大きさが、

B4サイズです。

 

それより小さいサイズが、

A4サイズやB5サイズとなれます。

 

小さくなるほど目立たず、見劣りしますので、

出来る限りB4サイズ以上の大きさにする方が良い

でしょう。

 

わたしはいつも用紙のサイズをB4より少し大きめに

しています。

少し大きめにすると重ねた時に目立つからです。

 

しかしA3まで大きくしてしまうと

新聞折込料が大幅に上がってしまうからです。

 

要は、新聞を2つ折りにしてその中に

そのままで納まるか、

折らないと納まらないかで、、

新聞の折り込みの値段が、変わるのです。

 

あと、

新聞の折り込会社や、

新聞販売店に、

親紙(帯)にしてほしいと希望するときの条件が

B4以上で

そこそこ丈夫な紙でないといけないからです。

 

新聞販売店に聞くところによると、

B4以上のおおきさで、そこそこ厚い紙でないと

他のちらしを帯として束ねるためには無理があるそうです。

 

なので、私はいつも

B4より少し大きいサイズで、

コート紙などの75キロ以上を使用しております。

 

チラシの用紙の大きさひとつで、

反応率が変わりますので、予算と合わせて考えて

用紙のサイズを選びましょう。

 

 

鳥羽 洋史

 

あなたの売り上げアップを応援します!

 

飲食店経営者必見

来店客数を伸ばし、着実に利益を伸ばす方法

詳しくは、こちら⇒http://syoubai-hanjyou.com/kyouzai03

 

 

 

 

 

 

メールマガジン登録 会員サポート
border