メールマガジン申込み
rogo
メルマガ登録
header

儲かるチラシの作り方 手書きチラシの工夫

2013年10月21日
from:神戸のそば屋から
by :鳥羽 洋史

 

さて、さて、

今日は手書きチラシを書いてみたは、いいが、

文字が見にくい、

読みにくいなどの問題がある時。

 

どこに、なにが書いてあるかが分かりにくい

文字が読みづらい、等、等

 

そのような原因は大きく2つあります。

 

まず、原因の一つが、

文字の大きさにメリハリがない事

 

もう一つの原因が、

カテゴリーごとに色が分けられていない事

です。

 

チラシの中には、

「キャッチコピー」 

あいさつ文」 

掲載している商品名」 

「価格」 

商品の説明文」 

オファー」 

地図や電話番号」

など

さまざまな要素が入り組んでいます。

 

この多くの要素があるのにもかかわらず、

すべてを同じ大きさで書かれていたら、

どうなるでしょうか。

 

メリハリがなくどこを見ていいのか?

どこから読んだらいいのか?

非常にわからづらい

チラシが出来上がってしまいます。

 

このように、まずはカテゴリーごとに

文字の大きさを変えたり、

使う筆ペンやマジックなどを変えて

メリハリをつけてアクセントをつける事です!

 

このようにチラシづくりで

読みやすくする工夫をすることです。

 

文字の大きさを変える

 

文字の色を変える

 

文字に下線を引く

 

文字の形を変える

 

あと、キャッチコピーなどに影をつける

 

情報ごとに境界線をつける、囲むなど

 

このように、以上のようなさまざまな工夫をして、

 

お客様が少しでも読みやすいチラシをつくってみましょう!

 

今日は、手書きチラシを少しでも読みやすくする

工夫のお話でした。

 

それでは、今日もはりきっていきましょう!

 

鳥羽 洋史

 

 

あなたの売り上げアップを応援します!

 

あなたが売上アップを望むなら

すぐに役立つ情報満載の

今すぐに、無料メルマガに登録してください

http://syoubai-hanjyou.com/melmag_lp.html

 

儲かるそば屋(飲食店)の仕組みづくりを基礎から学びたいあなたへ 売上を上げるのはとてもシンプル お客様の数を増やしたい、売上をもっと上げたい がどうしたらいいのかわからない? というあなたに最適なDVD教材です。

詳しくは、こちら⇒http://syoubai-hanjyou.com/kyouzai03

 

 

 

メールマガジン登録 会員サポート
border