メールマガジン申込み
rogo
メルマガ登録
header

☆☆どうしたら反応のとれるチラシが出来るのか?

From  神戸のそば屋の厨房横の事務所

こんばんわ

鳥羽です。

 

昨日は、

集客マスターの決起セミナー&懇親会を

新大阪で行いました。

 

前向きな経営者と時間を共有するとホントに

楽しくて、懇親会で、盛り上がり

少し飲み過ぎました。

 

昨夜は、家になかなか辿りつかず、

やっとの思いで家に着くと、深夜1時でした。

 

居酒屋を出たのが10時すぎやのに

何時間かかってるねん!てな話ですけど、、、

 

11時半頃に

「なんで、宝塚に来てもーたんや~~」

てな調子で、電車を乗り間違えるわで、、、

 

今日も朝からふわふわと二日酔いで気持ちが良いです。

かすかに、頭のしんのほうが痛いですが、()

 

 

さて、

昨日も質問がありましたが、

 

「チラシは、どうやったら、

上手く反応の取れるものが出来ますか?」

 

その答えは、、、

 

とにかく出してみることです、

しかし、闇雲にだして、失敗して、

わたしのように

「なんや~ 全然あかんやん! やってられんわ~~」

とならないように、

 

そのためには、

基本的なことや正しい方法を

少し学んで

そしたら一度、出してみてください。

 

私たちが、そばを打つのにも、

何回も何回も数え切れないくらい

繰り返し練習しました。

 

ネギひとつ切るのでも、

包丁をしっかりと砥ぎ

正しい方法を教わり

そして、繰り返し繰り返し練習し、

ねぎが上手く切れるようになったはずです。

 

 

チラシだって、はがきDMだって、POP

だって同じです。

 

基本がわかれば、数稽古です。

 

わたし達が、

怖い、怖い親方や先輩に叱られながら

手に入れた調理技術にくらべれば、そう

難しくはないです。

 

数か月すると、反応をとれるチラシを作れます。

 

 

しっかりと基本を学べば、後は実践あるのみ

 

職人気質のあなたなら、出来るはずです。

 

 

それでは、張りきってまいりましょう。

 

 

鳥羽

メールマガジン登録 会員サポート
border