メールマガジン申込み
rogo
メルマガ登録
header

そば屋(店舗経営)の弱点と改善点

FROM 神戸のそば屋

こんばんは

鳥羽です。

 

昨日は、

わたしたちそば屋が

事前に知っておきたい

または、理解しておいた方が良い3つの問題点

について書きました。

 

昨日のお話しで、メルマガ読者から

 

「私も最近、体がしんどくて不安です。」

 

「業績も今一つだが、後継者が育たないし、求人で頭を悩ませてる。」

 

「昼だけでも、客席がもう少しあったらと思います。」

などの声がありました。

 

そうですね、私も思い当ります、

 

やはり、多くの方が、

 

①    経営者自身の年齢や肉体、健康上の問題

②    店舗規模による売り上げの限界の問題

③    多店舗化に伴う問題

 

などに悩まれているようです。

 

それでは、

その問題を解決するためにはどうしたらよいのか?

何をしたら良いのか?

あなたは、気になると思います。

 

そこで、今日は

そもそもこのことが問題となる原因と

その解決策についてお話しをしていきたいと思います。

 

そもそも

①経営者自身の年齢や肉体、健康上の問題

②店舗規模による売り上げの限界の問題

④    多店舗化に伴う問題

この3つが我々そば屋の問題(リスク)として

上げられるのは、

更に

次のような3つの問題があるからです。

 

まず、1つ目は、

【店舗経営者が現場のワーカーとして中心人物になっているからです。】

 

そばを打つのも店主

だしを取るのも店主

海老や野菜など天ぷら素材を切るのも

経理など給料計算から、シフトを組むのも店主

 

結局、なにからなにまでやっていて、

店主がいないと営業が成り立たない商売の形になっているからです。

 

つまりは、営業日数=売上です。

 

突然、事故や病気に遭うとたちまち、休業です。

お店を開けないと収入も途絶えてしまいます。

 

 

わたしの周りにもご年配の同業者がたくさんいますが

高齢のため、店を続けたくても続けられずに閉店していく

そば屋をやまほど見てきました。

 

つまりこうした側面から

2つ目の問題が、

【店主自らがその場にいないと売り上げが出来ないビジネス構造】

だからです。

 

念願のそば屋を開店したはいいが、

逆にお店から一歩も離れられず、

奴隷のように毎日、毎日お店で働いている状態になってしまいます。

 

暇で売り上げが出来ないと言っては休めず、

繁盛しても任せられるものがいなくて、ますます休めず、

家族と旅行などもっての外、たまの外食さえいけないのです。

 

同じ売り上げを上げるという行為でも、

 

自分がいないと成り立たないビジネスと

自分がいなくても成り立つビジネスとでは、

将来性などの面でも変わってくるのです。

 

明らかに

自分がいなくても成り立つビジネス構造のほうが良い

のではないでしょうか。

 

そして、3つ目の問題が、

【事業自体の利益率が低い】という問題です。

 

そば屋などでも、例え本人が高齢でも利益さえ残っていれば

時間を短縮してでも営業できますし、

病気でお店を休んでしまってもまた復活する事ができるのです。

 

しかし、利益率の低いビジネスを選択する。

結局、少し休むだけでも資金が底をついてしまいます。そ

 

そして、悲しいかな、

一生その利益率の低い、儲からない商売をしていかなければ

ならないのです。

 

 

「好きな事を仕事にする!」なんて言葉を信じて、

脱サラして、そば屋を開店したりする方がいますが、

やったはいいが、

結局やっていけなくて、やめてしまうのが現実です。

 

「好きな仕事をする!」

よく本屋さんなんかで、見かけますね。

 

実にすてきな言葉です。

 

言ってみても、聞いてもほんとに気持ちいい!

 

でもね、そんな言葉や物の本に騙されて、悲惨な目に合うのですよ

ホントに、、、

 

好きな仕事をやりたいとか、

自分らしい仕事をするべきだとか、

そんな事ばっかり言う方がいますが、

だいたいそういう人に限って儲けてませんから、

ほんとに

 

だいたい、すきな仕事をするとか、したいとかって

従業員的な発想なのです。

 

とにかく経営者は稼いで

利益を出さないと話にならないです。

 

所詮、本屋さんの本ですから、

読んだ人の人生まで考えてません。

 

よく売れる本=良い本ですから、

読者が甘い幻想を抱くような事を言います。

 

それを鵜呑みにしてはダメです。

そして、好きな仕事をしても稼がない方がいるのです。

 

そのような方は、だいたいがこう言います。

「あまり儲からないけど、好きな仕事が出来て幸せだー」

 

「僕は、お金儲けは出来ないひとだから~」

 

さも、お金儲けが悪いような事を言い出します。

 

 

でも、考えてみて下さい。

 

本人は良くても、それで本当によいのでしょうか?

 

悲しすぎます、私は飲食店の息子として生まれ飲食店の大変さを

嫌と言うほど見てきましたし、実感してきました。

 

お金や時間がなくて家族旅行もいけない

息子や娘の学校行事にも参加できず、

 

朝から晩まで、働いているものだから

子供と接する時間も取れない、

 

ほんと、

悲しすぎます。

 

わたしはこのメルマガを読んでいるあなたが、

そのような状況なのは見てられません。

 

絶対に、幸せになって欲しいし

もっと充実した楽しい人生を経験して欲しい。

 

だからこそ、しっかりと現実を知るべきだし、

その解決策を手に入れて欲しいのです。

 

つまは、あなたがあなたのお店の利益率を上げて

自分自身がお店にいなくても売り上げを作れる仕組みを

知り、その仕組みを作れれば、

 

あなたは、今まで以上に更に儲ける事ができて、

仕事の時間を減らすことが出来るのです。

 

つまりは、今の店舗経営は

次世代の新しいビジネスモデルを念頭にいれて、経営していこう

というお話しです。

 

①    利益を今まで以上に高める

②    自分がお店に居なくても売り上げを作れるようにする。

③    既存事業の他に収益源を作る

④    家族との時間を作来る

 

このように

次世代ビジネスは、

仕事、趣味 家族など人生を楽しんで生きる方法なのです。

 

では、この

次世代のビジネスモデルが

なぜ、あなたにとって必要なのか?

 

それについて明日、解き明かしていきたいと思います。

 

明日のメールを楽しみにして下さい

 

 

鳥羽 洋史

メールマガジン登録 会員サポート
border