メールマガジン申込み
rogo
メルマガ登録
header

☆☆客単価の上がる値段のつけ方や見せ方

From  神戸のそば屋

 

おはようございます。

鳥羽です。

 

今日で9月も最終日ですね。

明日から10月、

今年もあと3か月ですね。

しっかり儲けて今年を締めくくりましょう。

 

さて、

今日は私のメルマガを毎回読まれている方からの

質問がありました。

 

「鳥羽さん、当店は定食屋でランチを主に営業しております。

ランチの他にもオードブルを予約制で販売しています。

オードブルの値段は3980円と5980円です。

わたしとしては5980円の方をたくさん販売したいのですが、

出るのは3980円の方がほとんどです。そこで、質問です。

どうしたら5980円の方がよく出るようになるでしょうか?」

 

これに対する答えは、

 

厳密に言うと、商品の量や見た目などをみてみないと

わかりませんが、

この値段だけを見ると明らかに

3980円の方が良く出ると推測します。

 

まず、

このままの値段で5980円の商品にお客様の気持ちを

誘導するには、簡単な方法があります。

それは、もう一つ商品を作ります。

 

私なら、5980円の上にもう一つ7980円の

商品を作ります。

 

現時点では、

 

上 5980円

並 3980円

だと明らかに

3980円が良く出ると思いす。

 

しかし、これではどうでしょう?

特上 7980円

上  5980円

並  3980円

 

5980円の商品を買おうと思いませんか?

 

 

更に、こうするとどうでしょう?

特上 7980円

上  5980円(シェフおすすめ)

並  3980円

 

もっと5980円が出るようになりませんか?

 

 

このように

5980円と3980円の商品だけを提示するのと、

3980円、5980円、7980円をお客様に提示する

のとでは、売れる商品が変わってくるのです。

 

そして、特上もあるのか?

注文してみようかな!と言う人も出てきます。

 

 

それでは、もっと発展させて、、

こんなメニューはどうでしょうか?

特上スペシャル 9980円

特上  7980円

上   5980円

並   3980円

 

おそらく、

特上を注文するお客様が多くなると思います。

 

そして更に客単価が上がって来るでしょう。

 

 

それでは、次に

こういうのは、どうでしょうか?

 

例えば

うな重の値段で考えてください。

 

特上 3000円

上  2000円

並  1600円

 

これでは、やはり2000円の上を買われる方が

多いのではないでしょうか?

 

 

しかし、これではどうでしょうか?

特上 3000円

上  2600円

並  1600円

 

上の値段を600円上げただけです。

 

これまで上を買ってた人が

特上を選び出します。

 

これだけで、客単価が1,3~1,5倍になった

お店もあります。

 

 

 

 

このように価格設定や商品を追加

してお客様の心理をうまく汲み取ることで

売りたい商品に誘導することができるのです。

 

 

これだけで、商品の値段を変えることなく

客単価を大幅に上げることができます。

 

是非あなたもやってみて下さい。

 

 

それでは今日も張り切ってまいりましょう。

 

鳥羽

 

 

追伸

売上を上げる為に

何をどうしたら良いのかわからないあなた!

 

会場に来て学んでもOK!

動画を観て自宅で学んでもOK!

あなたの都合や時間に合わせて、

売上アップのノウハウが学べます。

 

詳しくはこちらへ→ http://syoubai-hanjyou.com/member_lp

 

 

 

 

 

 

メールマガジン登録 会員サポート
border