メールマガジン申込み
rogo
メルマガ登録
header

お客様の要求

2013年12月16日
from:神戸のそば屋から
by :鳥羽 洋史

 

こんばんは

今年もあと半月ですね、

頑張りましょう!

 

さて、さて、

 

今日のお客様からの言葉、、、、

 

「鴨なんばのネギを多めに入れとってくれ!」、

とお客様

 

スタッフが「トッピングですね!」

と聞くと、

「ええ?」

スタッフが 「トッピング料金がかかりますが、よろしいでしょうか?」

と言うと

「ほんなら、ええわー」とお客様

 

あなたは、どう思いますか?

 

過去のわたしは、「はい!」

と言って料金を頂かず

少しネギを多く入れた時期もありましたが、、、

 

なんか、納得いかなかったです。

 

しかし

このように言われるお客様の中にも

追加料金がかかっても、

そのようにしてほしいお客様がいるので、

しっかり料金をもらって出来る事であれば要求に答えて

あげればよいのですが、、、、

 

お客様はいろいろな要求をしてきます。

「ネギを抜いといて~」

 

「薄味にしといて~」

 

「玉子を固めにしといて~」

 

「この皿そばのトロロはいらんからネギを多めに入れて!」

(なんでお客様の勝手でトロロを抜いてネギを多く入れなあかんねん!)(笑)

 

「親子丼を薄味にして、上の部分を別の皿に入れて

ご飯は、白いままでもって来て~~~」

(お客様が新商品開発してどないするねん!)(笑)

 

面倒なんですが、

抜けるものは、抜いてあげますし

追加する物はしっかり料金を頂いて追加もしてあげるのですが、

店側としても

出来ない事や

やってはいけない事がありますよね、

 

あなたは、どのようにされていますか?

 

 

 

「お客様は神様です!」

と三波晴夫さんが言ってましたが、

過去のわたしは、

いかにも「お金を払う側は偉い!」的なお客様の

要求にも確実に答えるのが

良い商売人であり

良い店であるかのように考えていました。

 

しかし正直なところ辛かった!

 

こういった一見、良さげな考え方、

「お客様は神様です」

「お客様は、偉い」

というスタンスでお客様と付き合うと、

当然、要求が厳しくなり、

ますますつけあがってくる。

 

そして、本来

本当に店に来ていただきたい優良顧客に

サービスが行き届かなくなります。

 

明らかに理不尽なことを要求してくるお客

明らかに価格以上の要求をしてくるお客には、

しっかりとお断りしたほうが良いですし

しかっりと対価を頂いた方が良いです。

 

今のわたしはそのように考えるようになり

明らかに昔より気持ち良く

仕事が出来ます。

 

そのためにも

出来る事、出来ない事、料金が発生する事

などをしっかりと決めておいたほうが良いです。

 

しっかりと自分のお店の価値をわかってくれる

お客様の方を向いて商売をやっていきましょう。

 

それでは、今日も張り切っていきましょう!

 

 

鳥羽 洋史

 

 

追伸

何から始めたらいいのか、わからないあなた、

まず、このDVDを観て下さい!

努力の方向性がきっとわかります。

こちら⇒http://syoubai-hanjyou.com/kyouzai03

 

 

 

 

メールマガジン登録 会員サポート
border