メールマガジン申込み
rogo
メルマガ登録
header

★お世話になりました。

2014年2月24日
from:神戸のそば屋から
by :鳥羽 洋史 

 

 「今まで、ありがとうございました!お世話になりました」

 

当店の男の子の言葉です!

 

 

思い起こせば、3年近く前、

アルバイト募集の店頭の張り紙を見た、高校1年生の男の子

 

ピークタイムがそろそろ落ち着き

うちのホール担当が、店前で並んでるお客様の接客に出てた時

 

「大将~~なんか男の子がアルバイトしたいって来てます!」

と従業員

 

「え~ いきなりか? しゃーない 裏に 回らして~」

と私

 

「大将~~~どっかいってもて もうおりませんでした」

と従業員

 

「なんやなー 忙しいの見て、ビビって帰ってもたんか~」

と思っていると

 

小一時間ほどしたらまた現われました。

 

久しぶりの男の子で、珍しかったのもあり

急きょ、面接の時間を取りました。

 

「何年生?」

 

「高校1年です。」

 

 

 

「履歴書持ってきましたか?」

 

「えっ~ 、、、、   忘れてきました。」

 

 

 

「なんのタメにアルバイトをするのですか?」

 

「えーっと、あの~ えーっと お金が欲しいからです」

 

 

 

「なんでうちの店で働きたいと思ったのですか?」

 

「家が近いからです!」

この質問だけには、即答しました。

 

 

わたしは、その答えを聞きながら、

笑ってしまいました。

 

 

この年頃の男の子

女の子と比べて、なんて、子供っぽいというか

頼りない感じ。

 

しかし、私はその子のなんか純粋そうな顔が気に入り

採用を決めました。

 

 

採用したのは良いが、

大変でした。

 

ホールを歩かすとガニ股歩きで、、、

 

お客様のところに商品を持っていかすと屁っぴり腰、、、

 

商品を厨房に通す時の言い方も、怒ったみたいな通し方

 

「こりゃー 大変だ!続くやろかー?」

と心配していました。

 

 

男の子ということもあって私も他のアルバイトの子達よりも

厳しく、いちいち小さなことでも口うるさく

教育していきました。

 

「ここは、学校と違うねん、出来んかったらあかんねん!ちゃんと覚えてこなー

  お客さまからお金もらうねんから、もっとプロ意識もたんとあかん!」

 

「辛い?当たり前やろ!家で練習もせんと適当に来てて、楽しくなんか仕事

出来るわけないやろー 何も自分で努力もせんで、楽しいかたったら

こっちが、お前からお金もらうで~~ 」

こんな酷いことを私は言ってたみたいです。

 

しかし、そんな私の言うことやすることを素直に見聞きし、

また実行して、

一年もしないうちにどんどん成長しました。

 

わたしも本当に感心しました。

 

最近では、アルバイト達のリーダー的な存在になり、

彼を慕って、当店のアルバイトに応募してくる高校生もいるほど

です。

 

わたしもわが子以上に気持ちが通じる一人になっていたのです。

 

その彼が、、、、

横浜の大学に進学するため

今日で当店を卒業することになったのです。

 

 

それが、冒頭の

「今まで、ありがとうございました!お世話になりました」

です。

 

 

わたしの顔をしっかり見て、丁寧にお辞儀をして店を後にしました。

 

 

なんか、うれしいのか、寂しいのかわからないですが、

涙が、出てきました。

 

 

鳥羽

メールマガジン登録 会員サポート
border