メールマガジン申込み
rogo
メルマガ登録
header

☆☆ 儲かる時間の使い方とは?

 

From 神戸のそば屋から

 

 

おはようございます。

鳥羽です。

 

眠い、眠い

一日中眠いので、今度、病院に行こうと思います。

 

 

おそらく、原因は、

自己診断では、無呼吸症候群だと思います。

 

 

寝むっている間に呼吸が止まる病気です。

 

10秒以上の呼吸の停止を無呼吸といい、

無呼吸が一晩に30回以上

もしくは、一時間に5回以上あれば、

睡眠時無呼吸症候群というそうです。

 

 

最近やたらに昼間に眠くて、疲れやすいので

疑っていたのですが、

 

家族に聞いてみると、どうやら

いびきをかいていて、

呼吸が止まっているそうです。

 

 

時間をつくって病院に行ってこようと思います。

 

 

さて、さて、

そんな睡眠不足のわたしですが、、、

 

 

時間ってホントに足らないですよねー

 

 

飲食業って、ほんとに時間がない!

 

朝から晩までお店で働き、

営業時間が終ってから疲れた体で、

帳簿を付けたり、事務仕事まで全てを自分でこなす。

 

そんな方が多いのではないでしょうか?

 

 

チラシやはがきDMやPOPなどの販促活動をやった方が

良いのはわかっているが、日々の忙しさに負けてしまい

出来ない

と言う方が多いのです。

 

 

そんな、あなたに今日はとっても大切なお話しをしたいと思います。

 

 

それは、「儲かる時間の使い方」です。

 

 

 

 

私は若い頃から、

「大将はよく働くなー ホンマ感心するわー」

ってよく言われてました、

 

朝は早くから、夜は遅くまで、自分でも本当によく働いて

来たと思います。

 

毎日、忙しく、疲れた体で感じる

充実感を味わいながらも、

 

 

 

「なんで、こんなに働いても儲からんのやろー?」

といつでも思ってました。

 

 

しかしです、

私は気が付きました、

 

 

社長のわたしの給料(時給)がお店の中で一番高いのにも

かかわらず、私のやっていた仕事は

時給850円のアルバイトやパート

さんでも出来るような仕事が大半でした。

 

 

会社的には

「たくさんもらっている社長が何をやってんねん!」

てなものです。

 

 

私は社長の時間の使い方を間違っていたのです。

 

 

私の店の売上が上がってきたのは、

明らかにわたしが本来一番やらないといけない

広告宣伝をやり始めたからなのです。

 

 

私は、職人気質で

なんでも自分がやらないと気に入りませんでした。

そば打ちからだしとり

野菜のカットから掃除まで、、、、、

 

 

でもね、

売上の上がっていないお店に限って、

社長や店主が自らすべての作業をやっている

 

 

自分以外の人がやってもさほど変わらないような仕事

はとっとと誰かに任せて、

自分は売上に直結仕事をすぐに始めたほうが良いですよ。

 

 

 

 

よく、

「お金がないから従業員を雇えない!」

 

 

「うちにはチラシをやるようなお金がない!」

とか言ってる人がいますが、

 

 

これって

考え方が、まったく逆なんですよね。

 

 

従業員を雇って自分がもっと

売り上げに直結する仕事をしないから

お金がないのですよ。

 

 

チラシなどの販促活動をやらないからいつまでたっても

お金ができないのです。

 

 

 

是非、この考え方を身に着けて下さいね。

 

 

ようは、「時間を買う」ということです!

 

 

私たちの時間は限りがあります。

その時間をどのように使うのか?

 

「今、あなたは何をするのが一番ベストなのか?」

 

意識して取り組んで下さい!

 

 

 

鳥羽

 

 

追伸

 

私はこの方法で自分の時間を取り戻しました。

そして、売り上げを倍増させました。

 

http://syoubai-hanjyou.com/kyouzai01

メールマガジン登録 会員サポート
border