メールマガジン申込み
rogo
メルマガ登録
header

○○簡単に売れる新商品を作る方法とは?

FROM 神戸のそば屋

 

おはようございます。

鳥羽です。

 

最近、私のお店で凄くよく出る商品があります。

 

それは、

あなたもよく知っている、、、

 

カツ丼です。

 

私のお店は、

そば屋では珍しく80%セント以上の

お客様が女性客です。

 

なので、

他のそば屋さんに比べて、カツ丼が出る比率

が極端に低かった訳です。

 

元来、

そば屋では昔からかつ丼が主力の商品の一つで

今でもカツ丼の出数は

他のそば屋ではかなり多いと

聞いています。

 

しかし、

私のお店では、

お客様のほとんどが女性ということもあり

木の葉丼、穴子丼、ねぎトロ丼などの順で

出数が多かったのです。

 

なぜ、女の人は木の葉丼や穴子丼を注文して、

あまりカツ丼を注文しないのか?

 

あなたは考えたことがありますか?

 

女性はあまりカツ丼が好きではないのでしょうか?

 

「あっ!もしかすると、、、」

 

私は、

店の女性従業員に、

「女の人ってあんまりかつ丼とかは好きじゃないの?」

「かつ丼は食べたくないのかなあ?」

と聞いてみました。

 

すると答はこうです。

 

「女だってカツ丼食べたいです!!」

でした。

 

私はこの事をヒントに

あることをして、

今では

お店の主力商品になる勢いでかつ丼をバンバンと

売っております。

 

昨日も吃驚するくらいカツ丼が売れました。

 

私は何もカツ丼の質や内容を変えた訳ではありません。

 

わたしがやったあることとは、、、

次の3つの事です

 

それは、

1サイズを変えました。

(ボリュームを落として、小さなカツ丼にした)

2他の商品と組み合わせました。

3名前を変えました。

結局やったのはこれだけです。

これだけで、お店のヒット商品が出来たわけです。

 

多くの人は新しい商品を作ろうとする時、

「今の商品やサービスと異なるものを生み出そう」と

します。

 

しかし、

そんな当たるかどうか分らないことを

するよりも、

既存のお客様や客層に、既存の商品を投入するほうが、

確率よく成功するのです。

 

ようは、同じ商品であっても、

サイズやボリュームを変えたり。

組み合わせを工夫したり、

商品名を変えてあげることだけで、

新商品が一つ出来上がり、

売れなかった商品が当然売れだしたりするのです。

 

商売って本当に面白いですね。

 

今日は簡単に新商品を開発する方法でした。

 

 

それでは今日も張り切ってまいりましょう。

 

 

鳥羽

 

追伸

どうやって売り上げを上げたら良いのかわからない

とお困りのあなた!

このDVDを観て多くの方が売り上げを倍増させています

詳しくはこちら→ http://03auto.biz/clk/archives/lymejx.html

メールマガジン登録 会員サポート
border