メールマガジン申込み
rogo
メルマガ登録
header

★★毎月のように売り上げが増え続ける理由

 

FROM:神戸の蕎麦屋より

 

おはようございます。

鳥羽洋史です。

 

昨日から集客マスタープロジェクトの

受付を開始しております。

 

http://syoubai-hanjyou.com/master

 

 

 

お店の宣伝アピールというのは、

今までやったことが無い方にとっては、

えらく敷居が高く感じられるかもしれません。

 

しかし、

今回の集中講義で話しているように

1.学ぶ内容と

2.やる順番を意識して取り組めば、

 

今まで勉強をしたことが無かった方でも

スムーズに取り組むことができます。

 

多くの方から

「3か月プロジェクトに参加して

私も売上を伸ばします!」という

メールをいただいております。

 

一緒に実践して、

結果を出していきましょう!

 

さて、今日のお話は、

「販促を組み立てる」というお話です。

 

例えば、今、4月は、そば屋にとって

まだ、まだ閑散期と言われています。

 

でもね、、、、

 

私のお店は、開店の11時と同時に席が埋まり

夏場の忙しいときのように繁盛しています。

 

本当にありがたいことです。

 

 

で、、、、

なんでこうなっているんか?

 

 

それは、ちゃんとやっていることをやっているからです。

 

 

例えば、私はこの2月に

葉書をお客さんに送っています。

 

 

閑散期は、新規客を集めるのは難しくても、

一度来店してくださったお客さんに

再度来てもらうのは、難しいことではありません。

 

また3月20日過ぎの春休みの入り口に

新聞折り込みチラシを蒔いています。

 

つまり、

無作為にチラシや葉書をやるのではなく、

自分で計画をたてて

 

 

2月に行う宣伝活動

3月に行う宣伝活動・・・・・

4月には・・・

 

などなど、

ちゃんとその時期、その時期に

やるべき行動を事前に決めています。

 

しかし、

業績が伸び悩む経営者さんは、

さまざまな行動のきっかけは、

全て「思い付き」なのです。

 

そこに自分自身の意図がないのです。

 

私も6年前

20万円もの大金をどぶにすてたチラシは、

「その場の思い付き」でやってしまったわけです。

 

 

今ならば

Aというチラシをやるにしても

Bという葉書DMをやるにしても

Cというメニューを新たに投入するとしても

 

 

なぜ、それをその時期に行うのか?

明確な自分自身なりの理由をもって

取り組みます

 

 

自分なりの理由をもって行うと何が良いのか?

というと、

 

結果がでますので

その結果をもとに

次のために改善できますよね。

 

 

しかし、単なる思い付きで

意図も何もなくやったことだと、

何も改善すらできないわけです。

 

 

だから、思い付きで取り組んでいる方というのは、

上手くいっても

上手くいかなくっても、

結局、やりっぱなしにしちゃう方が多いです。

 

 

だから、中途半端な結果に終わる。

非常にもったいないです。

 

 

店舗経営というのは、

ゴールのない長距離マラソンです。

 

 

だから、絶えず改善は必要です。

その改善を続けるためにも、

自分なりの意図をもって、

宣伝販促活動を行うようにしましょう。

 

 

鳥羽洋史

 

 

追伸

 

明日、3か月間集客マスタープロジェクトの受付が

終了します。

 

このプロジェクトでも、

実践したチラシ、

実践した葉書に対するフィードバックと改善を

行っていきます。

 

こうして実践と次のための改善を繰り返す体験を

してもらうことで、

 

中長期的に自分一人で

お店を改善していくことができます。

 

もし、あなたが本気でお店の売上を伸ばしていきたいなら

3か月間集客マスタープログラムに参加することを

おすすめいたします。

 

→ http://syoubai-hanjyou.com/master

 

 

 

追伸

 

【今日の復習】

1.行動には必ず意図を持つこと

2.広告宣伝の1年間のスケジュールを組んで

場当たり的、思い付きではなく、

必ず計画的に行うこと

3.実行した結果を踏まえ、次の改善に生かすこと

メールマガジン登録 会員サポート
border