メールマガジン申込み
rogo
メルマガ登録
header

江戸時代から大切にされていた物

こんばんわ

鳥羽です。

いかがお過ごしですか?

少し寒さも和らぎ、過ごしやすいですね。

少し暖かいと売上が上がりますね~

 

わたしのお店は先日からはがきDMでの

お客様へのプレゼント、

天ぷらを一日中揚げております。

 

これ、夏だったら大変な事になっているなー

と思いながら皆と楽しく営業しております。

 

こないだのブログでも言いましたが、

わたしは、販促活動の中でも

このはがきDMが一番好きです。

 

お店や従業員とお客様の絆を感じるからです。

 

わたしのお店の価値をわかってくれるお客様と

わたしたち従業員が同じ想いで共感しひとつに

なれるからです。

 

チラシ等にくらべると費用対効果もよく

売り上げも一番出来るのです。

 

たくさんのお客様に喜んで頂いて、

最後のお客様がお店を出て、

店頭の電気を消し

レジを閉め、帰ってきた葉書きを数え

いつもよりかなり多い

売上を計算し

「はあ~~」と息を吐く時の充実した気持ちは、

なんとも言えません!

 

だから、私は数ある販促の中でも

この「はがきDM」が好きなのです。

 

しかし、このはがきDMもあるものが

なくては、出す事が出来ません!

 

そのある物とは、、、

それは、江戸時代から商売人にとって

最も大切にされていたものです。

 

火事の多かった江戸時代

商人は自分のお店が火事になった時

真っ先に持って逃げたもの、

それが顧客情報が書かれてあった「帳簿」だそうです。

 

彼らは、顧客情報が最も大切なものだと知っていたからです。

 

火事などで、お店や商品など全てを失っても、

顧客情報さえあれば、商売を立て直せると考えていたのでしょう。

 

わたしもこの考えに同感です。

 

いくら良い商品を持っていてもそれを買ってくれる

お客様がいないと話になりません。

 

いくら立派なお店があってもそこに来てくれる

お客様がいないと商売は成り立たないのです。

 

あなたも、顧客情報を手に入れてください!

 

そして、大切にしてください!

 

それでは、また、

 

鳥羽 洋史

メールマガジン登録 会員サポート
border