メールマガジン申込み
rogo
メルマガ登録
header

☆☆飲食店はまだまだチャンスがいっぱい

From 神戸のそば屋

 

おはようございます。

鳥羽です。

 

お盆のお客様の入りはどうですか?

 

当店は例年どおり、家族客で賑わっております。

 

暑くいて、忙しくて、大変ですが、がんばって乗り越えましょう。

 

 

さて、私は今、8月21日から始まる

集客マスタープロジェクトの準備を

始めております。

 

集客マスタープロジェクトで、

最初にしてもらうことは、お客様のリストを取ることです。

 

もうすでにたくさんのリストをお持ちの美容室の方

 

過去に取ったリストをお持ちのお米屋さん

 

これからリストを取り始めようとしている飲食店の方

さまざまですが、、、

 

特にいつもリストを取るのを苦労されているのが、、、

 

飲食店の方です。

 

○テーブルにアンケート用紙を置いているが、誰も書いてくれない

○従業員がすすんで取ろうとしない

○お客様に頼むと、イヤな顔をされる

○忙しくてなかなか取れない

 

このような言葉がいつも飲食店の方からかえって来ます。

 

 

わたしの返答はいつも

 

「置いてるだけではお客様は書いてくれません、

催促して書いてもらってください!」

 

「従業員は自ら進んで取りません、取らせて下さい!」

 

「嫌な顔をするお客様もいます。でも最後には喜びます!」

 

「忙しくても取って下さい!」

何時もこうです。

 

でも、

わたしは、

リストを取るのを苦労している飲食店主を見て、

 

「よし!よし!」

 

といつも思っています。

 

 

飲食店は実際に美容室さんや他の業界の方のように

顧客情報を取る習慣もないし、

バタバタとしていて取りにくいですし、

 

取れない言い訳はいくらでも出来ます。

 

 

しかしです。

私の思うには、、、

 

「だから、良いのです!」

 

取りにくいということは、、、、

 

 

 

他のお店がやらない、やりたがらない=参入壁が高いのです。

 

 

参入壁が高いということは、=競合がいないということ

 

 

だから、当たるのです!

 

だから、反応が良いのです!

 

 

集客マスタープロジェクトでは

いつも、他の業種を際おいて

飲食店が一番

反応率が良いのです。

 

 

ようは、

取りにくいと言うことは、、、

 

チャンスなのです!

 

 

誰もやっていないから、ライバルがいないと言うことです。

 

だから、一人勝ちできるのです。

結果が出やすいのです。

 

 

飲食店経営者の多くの人は

はがきDMを出す前には、

 

「なかなか、リストが取れない!」

 

「こんなの送ってお客様に怒られないか?」

などと、

やりたがらなかったり、

出来ない理由を山はど言ってきます。

 

 

しかし

わたしは、いつも、

「ごちゃごちゃ言わんと、とにかくリストを集めて出せ!」

 

「出せばわかるから~~」

といつも思っています。

 

結果

「鳥羽さん~ 凄いです!凄い売り上げ出来ました!」

 

「お客様にメチャメチャ喜んでもらえました~」

との声を多く頂きます。

 

 

わたしはいつも

「そーやろ~~ みてみ~~な~ ゆ~たやろ~~はんまにはがきDMは

凄いんやから~~わかったやろ~」

と思っています。(笑)

 

 

結論として、

まだまだ、飲食店は恵まれているという事

 

売上を伸ばす方法はいくらでもあると言う事です。

 

 

納得されましたか?

あなたもお客様情報を集めて、

はがきDMなどで、お客様にアプローチしてみて下さい。

 

そして、売り上げを伸ばして下さい。

 

 

それでは、今日も張り切ってまいりましょう。

 

鳥羽

 

 

追伸

お客様リストを集めて

はがきDMで売上を倍増させたいなら

こちら→http://syoubai-hanjyou.com/kyouzai02

 

次の集客マスタープロジェクト(11月末)

に参加を考えている方も

この教材を先に使って下さい

集客マスタープロジェクト参加時には

この教材を持っていれば特別価格で参加できます。

→ http://03auto.biz/clk/archives/szkjiz.html

メールマガジン登録 会員サポート
border