メールマガジン申込み
rogo
メルマガ登録
header

☆☆反応の良いクーポンとは?

From 神戸の自宅から

 

おはようございます。

鳥羽です。

 

 

いよいよ8月に入り、夏本番、

昨日、一昨日は、神戸では花火大会がありました。

 

あいにくの天気でしたが、

この週末はどうでしたか?忙しかったですか?

 

私のお店は、なんとかチラシのお陰で、

目標売上に達しました。

 

さて、

この頃、メルマガを読んでくれてる方や

当社にお付き合いくださってる方

から多い質問が、、、

 

「チラシのクーポンは手書きとパソコンで作るのと

どちらが、いいのでしょうか?」

 

その答えは、

「どちらが良いのか?考えながら作って下さい!」

です。

 

 

まず、

チラシや販促物のクーポンを作る時に考えること

それは、次の3つです。

 

まず、お客様は、あなたのお店のクーポンを

 

①    捨てる(気がつかない)

 

②    なくす

 

 

③    忘れる

この3つの事を頭に入れて作って下さい。

 

 

この3つのことを

少しでも回避するために

考えて作る必要があるわけです。

 

 

どうしたら、捨てられないのか?

 

どうしたら、なくさないのか?

 

どうしたら、忘れずに使ってくれるのか?

です。

 

 

捨てられないように、

金券やお金のようなデザインにする

だとか、、、

 

なくさないようにまたは、

財布の中で埋もれてしまわないように

存在感がある様につくる

だとか、、

 

忘れずに使ってもらうように期限を付ける

などの工夫をする

こと等です。

 

 

このようなクーポンを作るには、

 

パソコンでつくるのか?

 

手書きでつくった方が良いのか?

 

どちらが、良いのか考えて作って下さいと

言う事です。

 

 

ちなみに

わたしは、手書きちらしの時にでも、

今はクーポン部分はパソコンで作っています。

 

わたしが、どのような意図をもって

そうしているのか?

考えてみて下さい。

 

そのことが、もっとも大事なことです。

 

 

それでは、今日も張り切ってまいりましょう。

 

 

鳥羽

 

 

追伸

 

お客さまが

クーポンを使う時の疑問をクーポンの紙面上で

全て解決されるように

有効期限、どのタイミングで出すのか、

会計時にだすのか?注文時にだすのか?

他のサービスと併用できるのか?

等、等

全て記載されていることが重要です。

メールマガジン登録 会員サポート
border