メールマガジン申込み
rogo
メルマガ登録
header

☆☆チラシの内容を変えずに反応を上げる方法とは?

From 神戸のそば屋

 

おはようございます

鳥羽です。

 

今年は早くから、台風がよく来ますね。

 

あちらこちらで台風の被害が起きてますが、

気をつけてくださいね。

 

 

さて、

今日は、チラシの内容を変えずに、、、

 

チラシの反応率を上げる

 

簡単な方法をお話します。

 

 

多くの人が、

 

チラシを時間をかけ、一生懸命作って、

その一枚のチラシに命をかける。

大金を投じて、広告がお客様の手に届くのを待ち、

そして

そのチラシを持ってお客様がお店に来てくれることを、

ひたすら祈る、、、、、

 

こんな事をしていませんか、、、、

 

では、どうするのか?

 

 

それは、、、、

 

お客様の行動を考える

と言うことです。

 

 

≪同じ処に、同じチラシを数回出す≫

のです。

 

わたしは、そこそこ、反応が取れるであろうと思ったチラシは、

同じ処に、同じチラシを3回ほど続けてだします。

 

 

それは、なぜか、?

 

反応が上がってくるからです。

 

 

では、なぜ、

反応が上がってくるのか?

 

それには、3つの理由があります。

 

 

まず、1つは、

(お客様とのタイミングが合うからです。)

 

いくらお客様がチラシに目を留めて、

美味しそうだから、、、

行きたいと、思っても何らかの原因で来れないこともあります。

 

逆に、言えばあまりお客様の気が進まなくても、

お腹がペコペコであったり、タイミングがばっちり合えば、

来店してもらえるかもしれません。

 

わたしたちはお客様のタイミングを知ることは出来ません、

なので、

複数回出すことによってお客様とのタイミングを

合せるのです。

 

 

 

2つ目の理由は、、、

(忘れるからです。)

 

チラシを見て、「あ!行こう!」と思っても、次の日になったら

すっかり忘れてしまった。

テレビショッピングで良い商品があるから買おうと思って、

メモをしたが、

そのまま買わなかっただとか、

そんな事はしばしばありますよね。

 

クーポンを財布に入れているが、忘れてしまっただとか、

つまり「忘れるから」です。

 

 

3つ目の理由は

(ほとんどの人がチラシの中まで読まないで捨ててしまうからです。)

 

多くの人はチラシを読まずに捨ててしまいます。

いくら良いチラシを作っても

読まれずにほとんど捨てられているのです。

だから反応が1%もあれば上出来な訳です。

 

 

しかし

同じチラシを同じ人に対して2回3回と

目に触れてもらうことさえ出来れば、

手に取って読んでもらえる確率は2倍、3倍となるわけです。

 

こういう理由から

同じチラシを同じ場所に出すと反応が上がってくるのです。

 

 

チラシの内容を変えずに、反応を上がて行く方法です!

さあ、それでは、あなたも

同じ処に、同じチラシを数回出すようにして下さい。

 

きっと反応率がよくなりますから。

 

 

それでは、今日も張り切ってまいりましょう。

 

 

鳥羽

メールマガジン登録 会員サポート
border