メールマガジン申込み
rogo
メルマガ登録
header

儲かる仕組みづくり

こんにちわ

鳥羽です。

 

私は、職業柄

飲食店をよく見に行きます。

 

家族で買い物に行っても、友達と遊びに行っても

どんな時でも、飲食店があると店頭や看板、サンプルケース

POP等をじっくりと見るのが通常です。

 

家族からは、「あやしい人みたいやから止めて!」

っていつも言われてます。

 

そういえば、先日

なんかあやしい感じの人が、うちの店を見に来てました。

 

私は、長年の勘ですぐに分かります。

同業者です!

 

 

そのお方は店頭をじっくり見て、

来店しメニューや店内をじっくり見て、

当店の主力商品を食べて帰りました。

 

そういう方が来店した時、

私は、いつも思います。

「この人はうちの店の何処を見て、どう感じて帰るのかな?」

って興味が湧いてきます。

 

○うちの店のそばの味を研究して帰っていく人

○店頭の看板やサンプルなどを写真で撮って真似る人

○従業員の対応やサービスを観て帰る人

○うちの店のメニュー構成を見て帰る人

○店内のPOPや販促物を熱心に見て帰る人

いろいろだと思います。

 

しかし、

一番必要なのは、

今、来店しているお客様が何者なのか?

新規客なのか?

既存のお客様なのか?

新規のお客様をどのようにして獲得しているのか?

既存のお客様が再来店する仕組みはあるのか?

ってことだと思います。

 

過去のわたしのように、

繁盛店に偵察に行っては、

料理を研究してみたり

新しいメニューを作ってみたり、

サービスを真似てみたり、

あらゆる事をやりつくしました。

 

しかしです。

 

単発的に一部だけ見て

繁盛店を真似てみても繁盛店は作れないのです。

 

もちろん、

味も大事、店頭も看板も、清潔も大事、

サービスや接客も大切です。

 

でも一番大切なのが、

儲かる仕組み作りなのです。

 

あなたも儲かる仕組みを作りましょう

 

それでは、今日も張り切ってまいりましょう。

 

鳥羽洋史

 

 

メールマガジン登録 会員サポート
border