メールマガジン申込み
rogo
メルマガ登録
header

☆☆暇な時期や時間を忙しくする方法とは?

from  神戸のそば屋

 

おはようございます。

鳥羽です。

 

いよいよお盆ですね。

 

そば屋の繁忙期は8月、

それも、お盆が一番忙しいですよね。

 

大変ですけど、張り切ってがんばりましょう。

 

 

さて、

お盆は忙しいですよね。

当然、

いつもよりたくさんのお客様がお店にやってきます。

いつもより違ったお客様も来店してくれます。

 

それは、お盆には、

実家におやすみで、息子夫婦や娘夫婦がお孫さんを連れて

帰ってきてたり、

おばあちゃん、お爺ちゃんのお家に、孫が遊びにきたり、

親戚が集まる機会が多いからです。

 

食事時になると、何処かで、外食しようという事になるからです。

 

だから、忙しいのです。

 

私はいつもこの時期を狙って

あえて、チラシを折り込みます。

 

ただでさえ、忙しいのに

なぜ? 

この時期にチラシを捲くのか?

 

その理由はこうです!

 

多くの人の考えでは、

お盆の忙しい時期にチラシを捲いても、

どうせ、お店に入れない人もいるし、もったいないと

考えがちです、

 

しかし、私の考えでは、

繁忙期こそ、費用対効果がよく

新規のお客様が来店する動機がいちばん活発な時だと考えます。

 

お店に入れなくても、お店にお客様が溢れると、

良い宣伝になりますし、

 

言葉は悪いのですが、

他のお店のお客様を奪い取る、絶好の機会なのです。

 

先ほども述べたように、

親戚や家族が集まった時にどのお店に行こうかな?

と、普段、通っているお店と別のお店に行くことが多いのが、

この時期なわけです。

 

逆に言えば、あなたのお店の常連のお客様も

よそのお店の誘惑(販促活動)によって、浮気され、

そのままになってる可能性もあるわけです(笑)

 

この時期に行うチラシなどの販促物で

アプローチすることが

新規客を獲得するのに最も、大切な時期なのです。

 

 

少しまとめてみます。

 

○チラシは繁忙期(特にお盆や年末年始、3月後半などの人が動く時)

に捲く方が費用対効果が良い

 

○繁忙期に捲いて店頭に賑わいが出来る事で店前を通る人の

 来店動機につながる

 

○集客に困っている店ほど暇になってから広告宣伝を考える

 (なので、閑散期に出していることが多い)

 

○繁忙期にお客様を最大限入れておくと、お客様の母数が増えるので

 閑散期になっても売り上げがかさ上げされる

 

 

つまり、

売上を上げる早道というのは、
売り上げの少ない閑散期に売上を上げることではなく、
お客さんがたくさん来店するお盆などの繁忙期に

売上を最大限に伸ばすことなのです!

 

多くの人は逆をやっています。

 

 

これも何も、一年に限ったことではありません。

 

一日でもそうです!

 

アイドルタイム(2時から5時)が暇だからと言って、

多くの人はアイドルタイムにお客様を入れようとか考えます。

 

だからダメなんです!

 

お昼の混雑時にもっともっと入れる

お客様が溢れてお待ちいただくくらいにする

 

そうするとおのずと2時になっても3時になっても

忙しい、ピークタイムがどんどん長くなって、

暇な時間があまりなくなるのです。

 

 

空いてる時間を埋めようとするのではなく、

混んでいる時間を更にお客様を集めて、混雑させること

これが、閑散期や暇な時間帯を忙しくする

最善の方法です!

 

 

それでは、今日も張り切ってまいりましょう。

 

 

鳥羽

メールマガジン登録 会員サポート
border