メールマガジン申込み
rogo
メルマガ登録
header

☆☆大きな問題を簡単に解決する方法とは?

From 神戸の自宅

 

おはようございます

鳥羽です。

 

昨日から

集客マスタープロジェクトが始まりました

 

初日から活発に質問メールや

はがきDMなどの販促物の提出がなされています。

 

参加者の皆さん、一緒にがんばっていきましょう。

 

さて、

集客マスタープロジェクトの副題が

「わずか3か月で、あなたのお店に今

までの2倍のお客様が来店するようになる」です。

 

このタイトルを見てあなたは、どう思いましたか?

 

「嘘やろ~」「あり得ない」「テキトーな事を言うな!」

このように思ったのではないでしょうか。

 

例えば

客数じゃなく売上でお話ししますが、、

 

250万の売り上げをいきなり倍の500万にしようと

言われても無理なような気がしませんか?

 

ダメなような気がしますよね。

 

なので、

大きな問題もそれを解決するために

まずわたしがやること、、、

 

そらは、

問題自体を細かく分類して小さくしてしまうことです。

 

自分でも解決できるレベルまで

小さな問題にしてしまうことです。

 

わたしが、過去に大きな問題に直面して、

手も足もでなかったのは、

大きな問題を大きなまま解決しようとしていたからなのです。

 

 

売り上げ一つでも売り上を細分化して考える。

 

売上=客数×客単価×来店頻度

 

売上イコール客数だあ~

 

売上イコール客単価だあ~

と考えないことです。

 

 

例えば250万売上を500万にする

 

売上=    客数     客単価    来店頻度

 

250万  1250人 × 1000円 × 2回

 ↓    (1,2倍)×(1.02倍)×(1、7倍)

 ↓      ↓

520万  1500人 × 1020円 × 3、4回 

 

 

客数を1250人から1500人に1,2倍にする

 

客単価を1000円から1020円の1、02倍にする

 

来店頻度を2回から3,4回の1,7倍にする

 

こうするだけでも

250万売り上げが520万になる訳です!

 

どうですか?

 

お客様の数を倍にすると考えると出来そうにないですが、

1,2倍だと出来るでしょう。

 

客単価も1000円を1020円にすることは可能ですよね。

 

このように

小さくして考えると、

出来そうな感じがしてきませんか?

いや、絶対に出来ますよ!

 

お客様だって

細かく分けると

「新規のお客様」

「既存のお客様」

 

既存のお客様でも

「情お得意様」

「週に1回」「週に2回」「週に3~4回」

 

「平日に来るお客様」

「土日に来るお客様」

「ランチに来るお客様」

「お酒を飲まれるお客様」

「お持ち帰りのお客様」

 

このようにいくらでも小さく

絞っていくことが出来ます。

 

大きな問題にそのまま立ち向かうよりも、

小さくして考えることで、

解決の糸口が見つかり、

 

小さくすれば、いくらでもアイデアや新しい発想

が出てきて対処しやすくなるのです。

 

解決できそうにない大きな問題も、

結局は、ちいさな自分が解決できそうな問題に

変えていき、その事に取り組んで行くと大きな問題も必ず

解決するものなのですね、これがホントにです。(笑)

 

 

結局、わたしが、なにが言いたいかと言うと、、

 

自分の出来ない難しい大きな問題に取り組むことはないと

言う事です。

 

多くの経営者は出来もしない大きな問題に取り組んで

そして、すぐにあきらめて止めてしまいます。

 

ところが、

大きな問題も自分の出来るような小さな問題に

して取り組んで少しづつ解決していくと、不思議と

解決できそうもない大きな問題までも

解決するものです。

 

おわかり頂けましたか?

乱文失礼しました。

 

 

それでは今日も張り切ってまいりましょう。

 

 

鳥羽

メールマガジン登録 会員サポート
border