メールマガジン申込み
rogo
メルマガ登録
header

☆☆成功の扉を開けて下さい!

From 神戸のそば屋の厨房

こんにちは

鳥羽です。

 

今日の朝から台風の影響で大変でした。

朝5時頃にお店に来たのですが、

途中で倒れそうになりました

傘は吹っ飛び、

ボロボロ、ベタベタの

ずぶ濡れ状態で到着しました。

 

 お客様の入りが悪いのではなかろうかと、

心配しましたが、

今はガンガンに晴れてます!()

 

 あちらこちらで、災害がありますが、

あなたは大丈夫ですか?

んと、気をつけてくださいね。

 

さて、さて、話は変わりますが、

あなたは

機会損失って言葉を聞いたことがありますか?

 

 我々、経営者にとって機会を損失することは

最悪の事態です。

平たく言うと、

チャンスを逃すということです。

 

 では、世の中には何故、

「チャンスをつかんで成功する人」と

「チャンスをつかめず成功できない人」が

いるのでしょうか?

 

 それは、

「チャンスをつかんで成功する人」は、

ピンっと来たらすぐに決断し行動します。

 

 誰かよその人に選択させられたわけでなく

それしか選べないというわけでもなく、

常に自分が主体になって選択しています。

 

 いっぽう、

「チャンスをつかめず成功できない人」は、

決断がなかなか出来ず、行動出来ません。

 

 せっかく成功の扉の前までやってきたのに

いざ、成功の扉の目の前に立つと

ビビってしまい、

その扉の向こう側に行くのが怖くなってしまい

自分の安全領域、

 

つまり、

自分の良く知っている今までどうりの

生活パターンに

戻ってしまうのです。

 

そして、また自分に言い訳をします。

「ほんまに僕のやりたいことは、あんなのではなく

やっぱりこれやったんや~~」と。

 

 しかし、まだ、やってもいないで、どうして

比べることができるのでしょうか?

 

 自分の可能性に自分でふたをしてしまう、

本当にもったいないことだと思います。

 

 だいたい、

チャンスというのは、

「しんどそうやな~」とか、

「自分に出来るだろうか?」とか

「あっ!後で考えようかな?」

と思ったところにチャンスがあるように思います。

 

 だから、多くの方は決断を鈍らせるのですが、

 

成功している方に共通するのは、

「ピン!」ときたら、その直感に従い

すぐに行動する特徴をもっています。

 

 よさそうだな~っと

思ったらとりあえずやってみる

 

そして、間違っていたら修正したり、

止めたりします。

ってみないとわからないことは、

とりあえずやってみる!

 

そして、チャンスを掴むのです。

あなたも是非

「ピン!」ときたら、

少しくらい困難な事でも、

少しくらい自信がなくても、

挑戦してみてください。

 

 素晴らしい未来が待っています。

 

経営者にとって

機会を損失することがどんなにもったいないことか、

改めてわかるようになります。

 

 

それでは、今日も張り切ってまいりましょう。

 

鳥羽

追伸

あなたは機会を損失しないでください、

そして、チャンスをつかんでください。

こちら http://syoubai-hanjyou.com/member_lp

 

 鳥羽塾会員制サポートサービスは

今入ると500円で入れます。

お試しなので、一か月で辞めても問題ありません

めた場合でも、会報誌や特典のチラシやビデオなど

返さなくても結構です。

 

今後の為にお使い下さい。

あなたの鳥羽塾への入塾をお待ちいたします。

500円で総額74900円のプレゼントを受け取ってください。

詳しくはこちら→ http://syoubai-hanjyou.com/member_lp

 

 



 

 

 

メールマガジン登録 会員サポート
border