メールマガジン申込み
rogo
メルマガ登録
header

☆☆誰でも簡単に出来る売れる商品の作り方

From 神戸のそば屋

 

おはようございます。

鳥羽です。

 

三連休はどうでしたか?

儲かりましたか?

 

わたしのお店は、絶好調です。

 

この時期は、

そば屋にとっては売上を作るには、

きつい時なのですが当店では、

カレーうどんが爆発しました。

 

21日(金)に

1万枚新聞折り込みを入れたのですが、

この3連休だけで、95枚のクーポン券の回収です。

もうすでに反応率1%を超えました。

 

この4日で

200名以上の方がチラシにより来店しています。

このペースで行くと反応率が2%を超える勢いです。

 

12月5日にはさらに1万枚新聞折り込みを入れる予定です。

このチラシはまた一月の会報誌でご紹介出来ると思います

詳しくはこちら→ http://03auto.biz/clk/archives/bkazoo.html

 

私は数年前から

そば屋が冬の売り上げをどう作るか?

何を売って行けば良いか?

考えていました。

 

自分で考案した新しい商品もどんどんと商品化しました

 

あんかけをベースに豆乳を仕込んだ

豆乳あんかけそばやうどん

湯葉をアレンジしたそば

等等、

 

しかし、

そこそこは売れるものの売り上げが好転する

ほどのものではなく、

やっぱり、

冬場によく出るのは、

鍋焼きうどんやカレーそば、うどん

なのです。

 

あなたは、世の中には、

「売りやすい商品」と「売りにくい商品」

があるのを知っていましたか?
「やっぱり売りやすい商品」とは、 誰でも知っていてすぐにイメージできるものです。
もしかするとあなたは、

誰もが知っている商品なんかは、 ライバルも多く、競争が激しいので、

売りにくいと思っていませんか? それよりは、

まだあまり知られてないようなマイナーな 商品の方がライバルも少なくて、

売れるのではないかと 思ってませんか? しかし

結局は誰でも知っていて 誰でもすぐにイメージ出来る商品がよく売れます。

 

結局はお客様がすぐにイメージできる

売りやすいものがよく売れるのです!  既にある、売りやすい商品を売りましょう!  売り方や伝え方を少し変えるだけで 他店との差別化をはかれます。

 

私がカレーうどんをもっと売ってやろーと思って

行ったことは次の5つです。

 

 

まず、

○カレーうどんのカテゴリーを増やした。

 

従来はカレーうどんしかなかったが、

カレーうどんの他に

・海老カツカレーうどん

・揚げ茄子カレーうどん

・カツカレーうどん

・クリーミーカレーうどん

・牡蠣カレーうどん

を作った。

 

これはカテゴリーを増やすことによって

このお店はカレーうどんに力を入れていると

思ってもらうためです。

 

ここで、注意するのがカテゴリーを増やすために、

新しいカレーを作るわけですが、

必ず在庫ロスがないように

今まで使っている商品を使うということです。

海老、ナス、カツ、牡蠣など、全て他の商品との

使い回しです。

 

そして、

○店前にPOPやサンプルを置いた

 

○各テーブルに差し込みメニューを置いた

 

○店内にポスターやPOPを貼った

 

○チラシで当店のカレーうどんの美味しさや

ベネフィットを宣伝した。

 

主にやったのはたったこの5つだけです。

 

ようは見せ方や伝え方を変えただけです。

 

昔からあって、お客様がよく知っていて、

売れている商品を

更に売れるようにする方が、

実に簡単なことはおわかり頂けたでしょうか?

 

 

それでは今日も張り切ってまいりましょう。

 

 

鳥羽

メールマガジン登録 会員サポート
border