メールマガジン申込み
rogo
メルマガ登録
header

〇〇いつも時間が足らないあなたへ!

From  神戸のそば屋

 

 

おはようございます。

鳥羽です。

 

「忙しい~~~~」

 

「来週は経理士さんが来るので、帳面を用意をしとかなあかん!」

 

「商店街の歳末セールのチラシの原稿を書かなあかんし!」

 

「あっ!年末調整の書類も揃えとかなあかんし!」

 

「年末の蕎麦のお持ち帰り容器の発注もせなあかんかった!」

 

「ああ~~ いくら時間があっても足らんやんか~」

 

数年前までの私は、

12月ともなると毎年のようにこんなことを言っておりました。

 

今も忙しいのは変わりありませんがね(笑)

 

12月に入り、あなたも

「時間が足りない~~ どないしよう!!」

と思っていませんか?

 

結局、人っていうのは、

どんな状況でも、

いつも時間が足りないと思っている訳です。

 

だから、経営者にとって

時間の使い方ってとっても大事です。

 

多くの飲食店経営者が、

仕込みから調理まですべてをこなし

帳簿から従業員のシフト、商店街のお付き合いまで、

全て自分でされている方が多いと思います。

 

だからいつまでたっても

時間がいつも足りないと思っているのは

当然のことです。

 

だからこそ

限られた時間を有効に活用して、

最大限に客数や利益をアップさせるためには

どうすれば良いのか?

しっかりと考えていくのが我々、経営者の役目です。

 

そのためにしっかりと頭に入れておくべきことが、

経営者がお店の売り上げや利益に直結する仕事をする

ということです。

 

そのために、一番大切な事は、

「やらないことを決める!」ということです。

 

大事なことはまず、

「やること」よりも「やらないこと」を明確にするということです。

 

やらないことをどんどん作っていくとよりやることが明確になり

目標が達成されやすくなるのです。

 

私たち経営者がいちばんしなくてはならんことは、

儲かる仕組みを作ることです。

 

自分以外の誰かの出来ることは、誰かに任せ、

チラシやはがきDMなどの販促ツールを使い、

お客様が勝手にお店に来店してくださるような儲かるしくみ

作りに時間を使ってください。

 

私たち飲食店経営者が時間にいつも追われているのは、

どうしようもない現実かもしれません、

 

しかし、

売り上げが出来ない状態で時間に追われているのと、

儲かっている状態で時間に追われているのとでは、

精神的にぜんぜん違います。

 

儲かっていると、

「忙しい~~~~」と言いながらでも楽しいです。

 

だから、

まずは売上に直結する仕事をすることです。

 

私も含め

何から何までやっている経営者が実に多いです。

 

まずは、「やること」よりも「やらないこと」を明確にする!

これから忙しい12月を乗り越えるためのお話でした。

 

それでは今日も張り切ってまいりましょう。

 

 

鳥羽

メールマガジン登録 会員サポート
border