メールマガジン申込み
rogo
メルマガ登録
header

理由のない激安は気持ちが悪い!

こんにちわ

鳥羽です。

 

突然ですが、

お客様は、

あなたの事なんて、これぽっちも信用していません。

いくら声を大にして

「お得ですよ!」

「安いですよ~」

と言っても信用しません。

 

 

「えっ!なんで買わへんの?」

「なんか安すぎて、気持ちが悪い!」

私とうちの奥さんとの最近の会話です。

 

私のお店の前にある激安の魚屋さん

私の目から見てもかなり激安

今日は大きなずわい蟹がひとつ500円

 

でも、そんなに「売れてない」

安すぎて信用できない! 何か裏があるのでは、?

 

そんな時

私は、初めて出したわたしのチラシを思い出しました。

 

敬老の日のキャンペーンと言う事で

65才以上の方にある商品を無料で振る舞おうと思い

チラシに書きました!

○○そば 65歳以上無料!

 

わたしは、

当然、お店の前には長蛇の行列が出来る事を想像しました。

しかし売れない!

「なんでや~ どないなってんねん!」

 

 

 

オンライン商店のあるお魚やさんが、

「激安、ずわい蟹1杯1000円 」

「訳ありです!足がそろってないので、贈答用には出来ません

味は贈答用と一切変わりありません!」

こう書くと大量に売れたそうです。

 

そうなんですね

いくら激安でも、理由を書かないと意味がないのです。

 

「なんか気持ちが悪い!」

「なんか裏があるんじゃーないか?」

 

理由を書いて初めてこちらの意図を理解してもらえます!

理由を書いて初めて訳あり商品として売れだします!

 

 

だから、この言葉を使って下さい

「なぜなら、、、、」

 

お客様が疑問や不安を感じそうな時は

最初に理由を言って、お客様の疑問や不安を解消する事

 

「なぜ、今回このような信じられない価格で提供するのか?」

なぜなら、

理由1、、、、

理由2、、、、

と説明してください。

 

いいですか?

理由のない強烈なオファーは

「気持ち悪いだけなのです!」

 

それでは、今日も張り切ってまいりましょう。

 

鳥羽

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン登録 会員サポート
border