メールマガジン申込み
rogo
メルマガ登録
header

ホンマの繁盛店視察物㉕ 売上の公式の順番編

From大阪自宅リビング

おはようございます。
鳥羽塾 専任講師
天才 久志です。

先日まで
選挙活動が盛んでしたね。

選挙活動は
物凄い『戦いの場』です。

『無所属新人』ってかた
超、大変な戦いですね。

〇誰も知らナイ
〇誰も関心がナイ
〇無所属なんで応援がナイ

ナイナイ、
ばっかりで大変な
活動です!!

コト、
私たち店舗経営者も
ソレに似たものがあります。

大手外食産業は
宣伝をバンバンにして
〇知名度もあり
〇安心感があり
〇提供価格が安い商品あり

の、
ありあり、戦略ですね。

しかし
私たち小さな個人商店は
どうでしょう?

選挙活動でいう、
『無所属新人』戦略の
ナイナイ状態ですね。

しかし、
しかし、
しかし、
そんな状況でも、
『勝てる戦い方』があるんです。

それが、
シリーズでお送りしている
あの物語です。

その物語は、
あなたが開業4年目の
焼き鳥屋さんって設定で、
店舗近くの
魚がウマい居酒屋さんに
店舗視察に行き、
いろいろ学ぶ物語。
でしたね!

で、
前回あなたは
大将から売り上げの公式を
聞きましたね。

そして、
その使い方をもっと具体的に
聞きたく、
大将の所用(トイレ)を
待っているトコロでした。
※食事中の方スイマセン。
 リアル感を表現中ですので。

(本日物語はここから始まります。)

大将
『あーごめん、待たせたね!』
『繁忙時間帯は気も張って
トイレに行けないねん。』
『こうやって気が緩むと
急―――に行きたくなって。。。』

あなた
『そんなんエエから、
売上の公式の使い方、
聞かせて―――』

『おれ、
割りばしの袋に公式書いたで!』

『ほら、
新規客数×客単価×再来店客数
=売上
ってな!!』

大将
『俺の作戦を
割りばしの袋に書いてるやん!!』
『なんか安っぽい、な~』

あなた
『大丈夫、
本気モードやから。』
『もう2か月後には
資金ソコツク。。。から。』
※あなたは本気のあまり
 本音がポロリっと。

大将
『マジか。』
『じゃ、俺も超本気いくで。』

『売上の公式って、
新規客数×客単価×再来店客数
=売上
やんか。』

『前にも伝えたけど、
それぞれ行う販促や宣伝が
違うやろ。』

『〇新規客は食べログとかチラシ』
『〇客単価アップは店内外POPとか』
『〇再来店施策はDMハガキとか』

『覚えてるか?』

あなた
『いま思い出した。。。』

大将
『OK』

『気い付けるコトあって、
それぞれ【難易度】が有るねん』

『ようは 順番 があるねん』
※この辺り本日のポイント

『難易度が簡単なところから
やるのが一番儲けやすいWA』

『正解から言うで。』

『① 客単価アップ の施策』
『② 再来店集客 の施策』

『③ 新規集客 の施策』
『やねん』

あなた
『なあなあ、
なんで新規集客だけ 
間、空いてるん???』

大将
『WO、気が付いたね!』

『新規集客が
一番、一番、一番、
難しく金がかかって
成功率が低い、ねん。』

『大抵の飲食経営者は
チラシや食べログ、ぐるなび、
にムッチャ金掛けて
集客してるやろ。』

『いいねんケド、
かなり経費かけて、
結局はお客さん来てるけど、
結果、儲け少なし。。。』
『やで!!』

あなた
『確かに。』
『食べログやったけど、
ムッチャ金取られた。』

『お客さん来るねんケド、
来たお客さん、
それっきりでコナイわ。』

『食べログ止めたら止めたで、
売上全く無いし、減るし。。。』

『食べログの呪縛やわ』

大将
『何言ってるねん。違う違う。』

『食べログはエエツールやで。』
『使い方と順番が違うダケやで』
※食べログは良いツールです。

『さっきから言ってる様に
売上の公式には順番があるねん。』

 

『① 客単価アップ の施策』
『からするのは、
ムッチャええで。』

『考えてみて、
来たお客さんの単価上げるダケやで』
『集客に経費かけてないやん。』

『お客さんの、
食べてみたいな~
一度試してみたいなー
を、POPとかでお知らせする
だけやで。』

『おきゃくさんは
お店のおすすめとか知らんしな~』

『おススメって、
やっぱり単価高くなるやん。』
『俺ら、現場は入ってたら
ウマいモンは仕入れ高いの
知ってるやん。』

『それをビビッて
安く提供するやん。』

『それをPOPとかで
言葉で伝えるねん。』
『それでもう単価アップやん。』

『お客さんも俺らも結果
喜ぶ。』

『な、売り上げ公式使うのに
簡単なのは
単価アップの施策やろ』

あなた
『ホンマや。。。』
『俺らの思いをPOPで
伝えるだけやん。』

『簡単、簡単、』(喜)

さーちょっと
文章が長くなりそうなので
あなたの集中力も切れそう。。

なので続きは次回!!!

次回は
『②再来店集客 の施策』
『② 新規集客 の施策』
についてお話しますね。

あなたのコト
応援しています。

【今日の売上は昨日で決まっている】
【明日の売上は今日で決まる】
【さあ、行動しよう】

鳥羽塾 専任講師
天才 久志 正雄(ひさし まさお)

手書きチラシの文字を読み易くする 3つのポイント

From 神戸のそば屋

おはようございます。
鳥羽です。

いよいよ
今週末から
ゴールデンウイークがはじまりますね、
準備はいいですか?
しっかり儲けましょう!

また、
ビジネス街などでの営業の方は
しっかり休むなり、
今後の戦略を考える良い機会ですので、
その為の時間を取ってくださいね、

一番よくないのは、
「どうせお客さんこーへんやろうけど、、、」
「10日間も店休んでられないから、、、」
「お店開けたんやけどヒマやから夕方に閉めたわ~」
と言うように
中途半端に営業してしまうことです。

しっかりと
やるならやる
休む時は休むと、、、
メリハリをつけて活動して下さいネ、

さて、
先日から
鳥羽塾生から、
チラシ作製についてのご質問が多いです。

中に、
「手書きチラシの文字なんですが多いと読んでもらえないのでは 
 ないでしょうか?」
と言う質問がありました。

なので、
チラシの文字について
簡単にお話したいと思います・

結論から言うと、、

文字数が多くても
読んでもらえます。

お客様が知りたいこと
興味があることでしたら、
確実に読んでもらえます

また、
文章を読んでもらわないと
お客様になって欲しい方に
商品やお店の良さを伝えることが出来ません

チラシの基本は
1、 誰に (どんなお客様に)
2、 何を伝えたくて
3、 どうして欲しいのか
です。

その為にも
キャッチコピーで
関心や興味を引いて、
手に取ってもらい

挨拶文や本文で
お客様の共感や
欲求を掻き立て、

そして
商品やサービスの訴求をすることで
「この店にいってみよう!」
「この商品を買ってみよう!」
「このサービスを受けてみよう!」
となるわけです。

なので
当然、文字をたくさん綴っていくことになります。

ただ、
文字が小さくて読みにくい!
雑然として読む気がしない!

このようなことがあると
せっかくキャッチコピーや写真で
興味、関心をひいても
よんでもらえないことがあります。

そのようにならない為の
ポイントは3つです。

1 文字の大きさや色を変える

 

手書きでチラシを書くときによくあるのが
色を3色使ってるのだが
何か読みにくいっていうのは、

まず、一つが
文字の大きさにメリハリがない
二つ目が
カテゴリーごとに色分けされてない
ことです。

まずはカテゴリーごとに使用する
ペンやマジックを変えてメリハリをつけることです

 

2 下線を引く

手書きで書いて文字は人それぞれの字体やクセが
あり、文字が揃ってなかったり、バラバラになったりと
文章を読みずらくしてしまいます。

このような時に活用して頂きたいのが
下線です

このように下線を一本引くだけで
高さが統一されて読みやすくなります。

 

3 境界線を作る

最後は境界線を引くことです。
チラシも多くの情報を掲載していくのですが、
新聞を思い浮かべてください
紙面にはさまざまな情報が載っていますが
あれは境界線がある為に読みやすいのです。

しっかりと境界線を引いて
読みやすいチラシを作って下さい

このような、
簡単な手法により
文字数が多くてもしっかりと読んでもらえる
チラシが出来上がります。

それでは張り切ってまいりましょう

 

鳥羽

ホンマの繁盛店視察物㉔ 売上の公式編

From大阪自宅リビング

おはようございます。
鳥羽塾 専任講師
天才 久志です。

さーさーさー、
4月も下旬。
『あなたのお店
儲かっていますか?』

『ハイ!!!!!!』
というあなた。
『最高にいいですよ』

そのまま突っ走り、
『何が良かったか』を
再度調査し、
それを再現性あるものに
しましょう!

さらに、お客様が喜び、
あなたはもっと儲かるでしょう~。

『儲かっていますか?』
の返事が、
『そんなん聞かないで!』
とか
『お客さん来ないわ』
とか
『ヤバイ、、、』

なんて返事のあなたは、、、

『もっと頑張りましょう!』
なんてことは言いませんよ(笑)
※こんな返事はあまりにも無責任。

私も売り上げ低迷時期、
かなり なが―――――く
続いていたので、
『何を頑張ったら良いか?』
全くわからない
時期がありましたので!!

そんなあなたの気持ちが
痛いほど理解できるので、
あなたに
『伝わりやすく』
『スグに理解できるよう』
に現在、
シリーズでお送りしている
ホンマの繁盛店物語。

を書いています。

この物語は、
あなたが開業4年目の
焼き鳥屋さんって設定で、
店舗近くの
魚がウマい居酒屋さんに
店舗視察に行き、
いろいろ学ぶ物語。
でしたね!

で、
今日は、
売り上げUPするのに
【重要な公式】を
物語でお伝えしますね。

(今日はココから物語が始まります)

あなたは大将のお店で
かなり沢山の刺激を受けました!

そんな事をほろ酔いで
回想している時に
大将から質問されました!

大将
『なあなあ、』
『商売で大切な 売上の公式 
って知ってる?』

あなた
『あーーー、
おれ数学とか苦手やねん』

大将
『数学?』(笑)
『大丈夫、算数レベルやから。』

『あんまり長く説明しても
難しくなるから簡単に言うで、』

『売上の公式は、
客数×客単価×再来店客数
=売り上げ』

『で、表せるねん。』

あなた
『あーなんか聞いたことある!』
『でもどう使ったらエエか?』
『全く理解不能。。。』
※恥ずかしそうに

大将
『簡単、簡単。』
『俺も最初知らんかったし!』

『簡単に説明するで』

==============
【ここでアドバイス】

売上の公式の使い方

売上の公式は
客数×客単価×再来店客数
=売り上げ
で成り立ちます。

ここで注目するのは、
『再来店客数』

『客数』
の関係です。

来店するお客様を
2つのパターンに
分けるんですね。

どう分けるか?

お客様は
『新規来店』

『再来店』
に分けられます。

すなわち
新規客数×客単価×再来店客数
=売上
になります。

なぜ?
その様に分けるのか。

それは、
私たち店舗経営者は
『集客活動(宣伝)』をしていき
売上を安定して行かなければ
なりません。

それで、それで、それで、
『新規客』
『再来店客』
それぞれする集客活動が
違うんです!!!!!
※コレ重要です。

なので分かれているんですね。

例えば
新規集客するなら、
チラシ、食べログ、ぐるなび、
ホームページ、SNS,
などですね。

対して
再来店集客活動するなら、
DMハガキ、LINE@、
及び
チラシ、SNS、などの
新規集客にする販促も
含みます。

再来店集客活動に
新規集客活動が入るのは
再来店したお客様が
チラシなど見て、
『無意識に又行こうか!』
と思い起こす作用があるためです。

しかし、
再来店の集客活動は、
新規のお客様には使えない。
又は、
反響がものすごく少ない。

という事もあります。

==============

あなたは大将から
売上の公式を聞き、
何となく理解できました。

あなた
『なあなあ大将』
『ごめんやけど、もっと詳しく
その公式教えてーやー。』

大将
『OK』
『が、その前にトイレ。。。』

さー
大将がトイレから帰って来たら
深堀説明をしてくれます。

楽しみですね。
説明は次回。
お楽しみに。

あなたのコト
応援しています。

【今日の売上は昨日で決まっている】
【明日の売上は今日で決まる】
【さあ、行動しよう】

鳥羽塾 専任講師
天才 久志 正雄(ひさし まさお)

ホンマの繁盛店視察物語㉓ 売れるネーミング編

From大阪自宅リビング

おはようございます。
鳥羽塾 専任講師
天才 久志です。

春満開。
後は新緑を待つのが
楽しみですね!

新緑の季節は
フレッシュマン(新入社員)が
意気揚々に活躍する
時期ですよね。

あなたのお店でも
フレッシュマンが活躍
しているのでは?

フレッシュマンを活躍させるには
先ず、
『肩書』
を与えてあげることが
仕事効率や、やりがいを、
発揮させる要因になります。

例えば、
『やる気満々、
接客上手な○○ちゃん!』
と、
名札に書き肩書を与えると
その子は
『そのように働きます。』
※これ、使えますヨ

実は、
商品名(ネーミング)でも
同じような効果があります。

で、
以前から
シリーズでお送りしている
ホンマの繁盛店物語。

この物語は、
あなたが開業4年目の
焼き鳥屋さんって設定で、
店舗近くの
魚がウマい居酒屋さんに
店舗視察に行き、
いろいろ学ぶ物語。
でしたね!

今日は、
大将と、あなたは、
ネーミングについてどうやら
会話が弾んで来たようです。

さて、
どんな会話なんでしょうか?

(今日はココから物語が始まります。)

大将
『今、宴会シーズンやんか。』
『宴会ってやっぱり
高単価な方がエエよな~』

『だって、
仕込みや調理する手間や時間、
単価が低くても
一緒やもんな~』

あなた
『そうそう、
アジみたいな大衆魚を
刺身しようが、
金目鯛の高級魚を
刺身しようが、
手間一緒やもんな~』

『そら~高級魚の方が
利益いいよな~』

『それが予約宴会やったら、
商品ロスもなく
最高やな~』

大将、あなた
『高単価、最高やなーーーー』
※声を合わせて

あなた
『いや、でも、理想やな。』
『高単価の商品売るの。。。。。』

大将
『売れるで、
高単価の宴会や商品。』

あなた
『そらー、大将のとこ
儲かってるからや・・・・』

大将
『いやいや、
儲ける前から売ってたで、』

あなた
『なんか方法あるん???』

大将
『簡単、簡単!!』

==============
【ここでアドバイス】

高単価商品を売るネーミング方法

あなたの
メニューブックはこうなって
いませんか?

例えば、
〇刺身盛り合わせ 2500円

これでは、
『高いな~、』
って思われますよね。

で、あんまり売れません。

で、この方法を使います。
それは、
商品名に『肩書』を付けます。

どういうコトでしょうか?
こういうコトです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

〇刺身盛り合わせ 2500円
に肩書を付けると、

希少な魚の部位を使っているため
一日限定の刺身盛り合わせ 2500円
※【希少性】

通常5000円で提供している
刺身盛り合わせ を 2500円
※【価格戦略】

お客様の2組に一組は注文する
刺身盛り合わせ 2500円
※【お客様の声 人気度】

などですね!!

それぞれ※印でその効果を
表現しています。

単品商品ダケじゃなく
高単価宴会に肩書は使えます。

例えば、
〇宴会コース8000円
に肩書を付けて
注文率を上げたいなら。。。

こうします。

大切な人にお礼を告げたいなら
○宴会コース8000円
をお勧めします。
※【利用シーンを想像し
  価値観の提供】

一生に一度の記念日の
 お祝いには、
○宴会コース8000円
※【記念日に最適】

満足間違いナシ
セレブ気分満喫
○宴会コース8000円
※【心理的感情満足】

で、は、如何でしょう!!

ようは、
高単価商品や
高単価宴会を
選んで貰いたかったら、
その、
『利用シーンを想像し
提案してあげる』
事が 超重要 なんです。

お客様って
『何を選んだらよいか解らない』
って問題があります。

それをお店側が
提案してあげるんですね。

それが親切で
売り上げアップの秘策です。

==============

あなたは大将から
『秘策』を伝授しました。

考えれば、
当り前のコトなんですが、
案外出来ていないことでしたね。

あなたのコト
応援しています。

【今日の売上は昨日で決まっている】
【明日の売上は今日で決まる】
【さあ、行動しよう】

鳥羽塾 専任講師
天才 久志 正雄(ひさし まさお)

ホンマの繁盛店視察物語㉒ 単価アップ作戦編

From大阪自宅リビング

おはようございます。
鳥羽塾 専任講師
天才 久志です。

いい気候になりましたね。
気温もグングン上昇しています。

あなたのお店の売り上げも
グングンと、
伸ばしていきたいですね。

そんなあなたの売り上げアップの
お手伝いをしたく
このメルマガで売り上げアップの
『方法』をお伝えしています。

で、
今日もシリーズでお送りしている
ホンマの繁盛店物語を
お送りしますね。

この物語は、
あなたが開業4年目の
焼き鳥屋さんって設定で、
店舗近くの
魚がウマい居酒屋さんに
店舗視察に行き、
いろいろ学ぶ物語。
でしたね!

(今日はココから物語が始まります。)

さて、
前回は歓送迎会シーズンで有る今、
その宴会を取るには
『誰に向けてメッセージを送るか?』
それは、
『幹事さんですよ』
ってお話でしたね。

『誰か』はとても大切です。

その次に大切なことは、
『宴会のコース』を選んでも
貰えるコト。

ようは、
その商品を買ってもらうコトデス!

当り前のことですが、
もっと言うと、
宴会はコースは
『単価が高いコース』を
選んでもらった方が、
お客様も満足しお店も儲かる
方がいいですよね。

しかし、
お客様は『安いコースを選びます』

これは双方にとって
満足がいくことではアリマセンよね。

じゃ、
どうやって単価が高い
コースを選んでもらえるん
でしょうか?

==============
【ここでアドバイス】

高単価の宴会商品を
選んでもらえる仕組み。
について、
ちょっとアドバイスしますね。

宴会商品(コース料理など)は
先ず『3つ』作りましょう!

宴会コース商品単価を
『安い単価』
『中くらい単価』
『高い単価』
で設定しましょう。

例えば、
3000円コース
4000円コース
6000円コース
といった具合です。

そうですね、
『松 竹 梅』作戦です。
↑↑↑↑↑↑↑
※本日のポイント

しかし、
多くのお店は上記の様に、
安い単価(3000円コース)を先に
チラシやネット等に
表記します。

これでは、
安い単価が先に目に入り、
お客様は
『この安いコースが
お店のおすすめなんだな~』
と、
勘違いします。

お店側は、
『お客様が選んで貰いやすいように
上から順に
値段を安い順に表記すれば
イイんだな~』
と、表現します。

コレ、経営的には
間違いデス。

売りたい宴会コースを
先に『先に』表記するのが
正解です。

例えば先ほどお伝えした
『松竹梅作戦』で言うと、、、

【竹】※4000円宴会コース
竹が一番おススメとするなら。
【松】※6000円宴会コース
【梅】※3000円宴会コース

という順序にするのが
大正解
です!!!

ヒトは勝手に、
一番上に表記している商品が
一番【価値】がある商品だな~
と、
捉えます。

この作用を
利用した作戦なんですよね。

あなたも絶対この作用経験している
ハズ。

ネットで物事を検索して
検索結果が出てきて
一番最初にクリック、タップ、
するのは2ページ目、3ページ目?

違いますよね~(笑)

一番最初に出てきた
一番最初の項、ですよね!

それは、
それが一番信用性が高い情報と
思い込んでいるからですね。

信用 = 一番売れている(おススメ)
の関係性が成り立っています。

これを使う手はないですね。

==============

今日は、
松竹梅作戦を学びましたね。

これはいたるところで
使われている作戦デス。

あなたものっかって、
売り上げアップしましょう!!

あたなのコト
応援しています。

【今日の売上は昨日で決まっている】
【明日の売上は今日で決まる】
【さあ、行動しよう】

鳥羽塾 専任講師
天才 久志 正雄(ひさし まさお)

ホンマの繁盛店視察物語㉑ 宴会獲得方編

From大阪自宅リビング

おはようございます。
鳥羽塾 専任講師
天才 久志です。

さ~、
春本番。
良い気候です。

気候がイイと、
ウキウキします。

あなたがウキウキすると、
お客様もウキウキしています。

ウキウキしていると
外食の機会も増えます。

外食って言っても
現時期はやはり、
『歓迎会』
もしくはちょっと遅れた
『送別会』
の時期ですよね~。

イワユル宴会集客で
結構な方が勘違いしている
ある事が有ります。

その勘違いを正せば
『歓迎会』
『送別会』
『忘年会』
『○○宴会』など、
時期に合わせた宴会集客を
結構な確率で獲得できます。

で、
今日もシリーズでお送りしている
ホンマの繁盛店物語を
お送りしますね。

この物語は、
あなたが開業4年目の
焼き鳥屋さんって設定で、
店舗近くの
魚がウマい居酒屋さんに
店舗視察に行き、
いろいろ学ぶ物語。
でしたね!

今日はその『宴会獲得法』に関して
大将とあなたが会話する
ものがたりです。

(今日はここから物語が始まります)

大将とあなたが
自店舗の経営の話で盛り上がってる中、
電話が鳴りました!!

アルバイトスタッフが
バタバタとしていたので
大将が5コール目に電話に
出ました。

大将(電話対応中)
※電話の会話は中略。
『はい、有難うございます。』
『では、新入社員歓迎コース、で、
当日はご用意しておきますね。』
『はい、
では当日20名様ですね。
よろしくお願いします!!』

あなた
『おう、大将、予約か。』
『それも20名さんの宴会やん』

『電話の声マル聞こえやったから
内容全部分かったで~』

『いや~、儲かってる店はエエな~』
『団体予約って儲かるやろ!!』

大将
『聞いてました!!』

『この時期、歓迎会で、
結構予約は入ってるんです。』

あなた
『俺の店なんか、
歓迎会で使ってくれたこと
ないで~。』

『10人座れる座敷あるけど、
いっつも、
物置状態!!』
『ヤバイよな~』
※自戒の念を込めた言い方。。。

『大将の店みたいに、
どうやったら宴会客獲得できるん』

 

大将
『簡単ですよ。』

『大抵のお店って、
宴会獲得方法を間違ってるですヨ』

==============
ここでアドバイス

【宴会獲得法】について

今日は新入社員の為の
『歓迎会』を例に挙げて
お伝えしますね。

先ず、
宴会を探す人は誰ですか?
とても重要なことです。

「新入社員さん?」
そんな訳ないですよね。
そんな会社はあるのかも知れませんが
皆無ですね(笑)

大抵の人は
宴会に出席する皆が会議を行い
「この店にしよう」
「今回はココだな!」
「フレンチにしよう~」
等と会議しているのを
想像します。

これはあったとしても、
宴会場所を選別する、
「最終段階」です。

2店舗、3店舗、と
お店を選別し、
その中から最終のお店を決めます。

じゃ、
だれがその情報を集めるか?

そう、
『幹事さん』ですね。

なので、
情報発信する場合、
『幹事さんに向けて発信する』
事がムチャクチャ大切になります。

例えば、
チラシやホームページ、
食べログ、ぐるなび、
等で歓迎会を周知するとき、
宴会をする人みんなに
伝えようとしてはダメダメです。

伝えるべきは、
情報選択者の
『幹事さん』です。

なので、
『歓迎会のお店選びにお悩みの
幹事さんに朗報!!』
とか、
『幹事さん!!!
あなたが失敗しない宴会コースは
これですよ』
とか
『幹事さん、いい店選んだね!
と皆から感謝される
コースありますよ~』

等と、
情報選択者の幹事さんが
選びやすいキャッチコピーを
発信する必要があります。

歓迎会ならなおさらです。
幹事さんも、
他の仕事で手が一杯です!

お店選びも、
一つの仕事にしかすぎません。

その仕事の負担を軽減させる
意味も込めて(労いの言葉など)
表現すると、
『この店解っているな~』と
感謝されます。

先ずは、
【誰が最初にお店を選ぶか?】
を考えて
情報発信する必要があります。

==============

あなたは宴会獲得法の基本を
大将から学びました。

情報発信の基本は
『誰に』という言葉が
心に響いたようですね!

【今日の売上は昨日で決まっている】
【明日の売上は今日で決まる】
【さあ、行動しよう】

鳥羽塾 専任講師
天才 久志 正雄(ひさし まさお)

ホンマの繁盛店視察物語⑳ チャンスロス編

From大阪自宅リビング

おはようございます。
鳥羽塾 専任講師
天才 久志です。

桜も散り始めましたね。
次は新緑の季節になります。

新緑でエネルギーを貯めて
植物は生きています。

私ども経営者も
沢山のエネルギーを貯めて
ヒトから好かれるお店作りを
行っていきたいもんですね。

そのエネルギーの蓄え方を
伝授すべく、
シリーズで書いています
ホンマの繁盛店視察物語。

この物語は、
あなたが開業4年目の
焼き鳥屋さんって設定で、
店舗近くの
魚がウマい居酒屋さんに
店舗視察に行き、
いろいろ学ぶ物語。
でしたね!!

で、
読者の方から、
『何回も読み返しています。』
とか、
『店舗視察って、
商品ダケ視察していました』
とか
『物語風でわかりやすい』

などなど、
ムッチャ嬉しい返信を
頂いています!!
『有難うございます。』

さて、
とても気持ちがいいので
今日の物語は、
『メッチャ使えるワザ』を
伝授したいと思います。

あなたはお店でこういう経験
アリマセンか?

あなた
『なんで今日はこんなに忙しいねん?』
『平日やのに。。。なんで???』
とか
『オープン早々に満席かい!』
『なんでこんな時間に満席~』
『バイトも来てないのに。』
とか
『チラシも撒いて無いのに
今日に限って忙しい~』

『あかん、お客さん帰ってしまった』
『もったいない!!!!!』

という経験。

それ、
『チャンスロス』ですね。
難しい言葉で、
『機会損失』です。

その逃したお客さん、
案外、戻ってきません。
もう一回来ることは、
確率論でいうと、
小さい数字です。

それは、
『断られた店はマイナスのイメージを持つ』
から、
お客さんは深層心理で
『あの店イイ感じがしない』
と、
勝手に決めつけてしまします。

※確率論なので
 全体がマイナスイメージではアリマセンよ。

その、
断ったお客さんを
『高確率で呼び戻す方法』を
今回の物語で
お話していきたいと
思います。

(本日はここから物語が始まります)

あなたは店舗視察という名目で
食事をしていたので、
かなり店内に気を配っていました。

その店はやはり繁盛店。

店前で断るお客さんは
少なくないです。

また、
アルバイトスタッフが、
満席で入店出来ないお客様に
『ただいま満席で、、、』
『本日入店が難しいです。。。』

と、
対応している姿を
カウンター越しから何となく
眺めていました。

すると
アルバイトスタッフの子が
入店出来ないお客様に
何かを渡していました!!

あなた
『なあなあ、大将、
あれ、何渡してるん?』

『入店出来ないお客さんに
私てる、名刺みたいなヤツ?』

大将
『名刺?あ、ああ。アレ!』
『名刺じゃなくて、サービス券』

『これ渡してるねん』

大将はあなたにその券を
見せてくれました。

あなた
『何これ(笑)』
『偽金や!』
『サービス券ちゃうやん。(笑)』

大将
『そう、そのデザインがミソや!!』

==============
【ここでアドバイス】

チャンスロスを防ぐ方法。

前著の物語にもあるように
お客様の来店はナカナカ詠めません。

断ったお客様をもう一度呼び戻す方が
チラシなどで新規顧客を獲得するより
商売上、簡単で効率がいいです。

その為にも
『チャンスロス』を防ぐために
【金券】を用意しておくのが得策デス。

なぜ、
金券が良いかは次の通りです。

●お金に似せているので
 捨てられにくい!

これはとても大切なことです。

事実、
コピー用紙で白黒印刷。
ハサミでガタガタに切り取られた
「100円サービス券」って
大事に取っておきます?

貰った時はうれしいですが、
いざ使おうかな~と思った瞬間、
「あれ、どこやったかな?」
なんてコトが大半です。

なので、
お札(お金)に似せたデザインって
捨てられにくく、
『今度絶対使おう』と大切にします。

●サービス内容にコダワレ!

サービス内容は戦略です。

例えば単価3300円の
居酒屋さんの場合。

一組来店数がが3人とします。

組数単価は3300円×3人で
約一万円。

このお客様を満席で逃した場合、
『ドリンク人数分サービス券』
より
『ドリンク1000円券』
ただし3名様以上の来店が必要。
の方が、
再来店率がアップします。

なぜか?それは、
『ドリンクがタダになる』
という気持ち
より、
『1000円使わないともったいない』
という気持ちの方が
勝つ、からです。

あなたも1000円札、
捨てないですよね~。

1000円の金券は、
価値感や気持ち的には
1000円だからです。

●金券には期限付けろ。

これは
とても、とても、とても、
大切です。

期限があるから、
『この日までに使わなければ!』
と、言う心理が働き、
再来店率がアップします。

因みに
3週間以上の期間をすぎると、
『券がある事を忘れられる』
というデーターもあります。

以上3っつを守れば
チャンスロスを防ぐ金券は
効果が上がります。

==============

あなたは大将から
金券について物凄くよい
事を学びました。

ぜひ、
販促費用をかけても
印刷し作って下さい。

ロスなしが一番!!!

【今日の売上は昨日で決まっている】
【明日の売上は今日で決まる】
【さあ、行動しよう】

鳥羽塾 専任講師
天才 久志 正雄(ひさし まさお)

桜満開です。

From 神戸のそば屋

おはようございます。
鳥羽です。

神戸では
土曜、日曜とお天気がよく、
桜満開、
絶好の花見日和になりましたね、

そんな中
飲食店経営者で

「みんな花見に行ってもて、ヒマやなぁ~」
なんて言っている方はいませんか? 

そんなことを
言っていたらいつまでたっても
儲かるように、
なりませんよ、

桜が満開の時は、
お弁当等をもって家族とお出かけしたり
友人や仲間と宴会したりと
飲食店を使わない方もいますが、

実は
こんな陽気が良い時期は
とにかく外に出てくる方が多い

お客様が店に来る理由を作ってあげると、
いくらでもお客様が来る
いいチャンスです。

お客様が来ない理由を考えるのではなく、
お客様がどうしたら
お店を利用してくれるかを
考えましょう。

さて、
桜満開の今日、
鳥羽塾生からは
たくさん
喜びの
3月の成果報告が届いています

「鳥羽さん、めっちゃ忙しいです」
「昨年対比で毎月、20%アップが続いています!!」
「念願の300万を達成しました!!」
と、
複数の方から頂き、
私の心も桜満開状態です。

そう、
こうやって
結果を出して行く人には、
共通していることが幾つかあります!

その共通点こそ、
商売で儲ける為のキモであると
私は確信しています。

そこで今回は、
その商売で成功するために必要なポイントを
お話したいと思います

1、 繰り返し繰り返し学んでいる

例えば、私のチラシ教材だって、動画でも、
また、久志講師が書いたブログだって
成果を出す人は何回も読んだり見たりしています。

それは教材自体は
同じ内容であっても
その人の成長段階によって
心に響くところ、今、必要なところ 気づき
等が違ってくるからです。

今、鳥羽塾で猛烈に成果を出している方が、
私のチラシ教材をボロボロになるまで読み込んでいて
いたるところに付箋が貼ってあったのをみて
驚いたことがあります。

繰り返し繰り返し学ぶと
更に気づきがあり
また成長します。

 

2、 学んだことを行動に移す

これはいつも私が講義などで
言ってることですが、
とにかく行動です!

インプットしたらアウトプット
アウトプットありきでインプットするくらいで
ちょうどです。

学び、行動、改善、学びと、、、
インプットとアウトプットを繰り返しながら
螺旋階段のように成長するのが望ましいです。

行動を伴わない知識は
それだけで終わってしまいますが
行動に移すとそこからまた学びが必要になり
成長を促します。

 

3、 継続的に報告や相談がある

成果を出している人は定期的に私に成果報告をくれます。
この成果報告もアウトプットの一つです。
成果報告をすることで、
自分の現状を把握し、頭の中が整理でき、
また次の目標を立てることが出来ます。

また
困った時は相談することです。
たすけを求めることです。
これも成功するためには必要なことです
相談すると必ず良い考えが見つかります

だいたい相談したいことは
他の誰かもそれを乗り越えてきたことだからです。

相談、報告をすれば必ず前進することが出来ます

 

今日は成果を出す人の共通点3つでした。

 

それだは今日も張り切ってまいりましょう。

 

鳥羽

 

追伸
売上を着実に伸ばし続ける経営力を
身に着けたいなら鳥羽塾で学びましょう。
詳しくはこちらから→ http://syoubai-hanjyou.com/member_lp

このDVDを観て売り上げを2倍にされた方がいます
詳しくはこちら→ http://syoubai-hanjyou.com/kyouzai03

これさえあれば、もう迷わずにチラシがつくれます。
詳しくはこちら→ http://syoubai-hanjyou.com/kyouzai01

最短で確実、安全にお客様に再来店してもらう方法
詳しくはこちら→ http://syoubai-hanjyou.com/kyouzai02

ホンマの繁盛店視察物語⑲ ジョイントベンチャー編

From大阪自宅リビング

おはようございます。
鳥羽塾 専任講師
天才 久志です。

決まりましたね~
『何が?』
ですよね!!

あれ、あれですよ。
『令和』。
そう、新元号ですね。

世間は、
『新元号を利用した販促』
が、横行していますね。

令和まつり、
ってな感じで世間が賑わっています。

私たち店舗経営者は
こういうイベント(祭り)には
のっかる方がいいですね。

「イベント」。
商売でうまく使うと
かなりの販促効果があります。

イベント販促を使って
売り上げを上げて欲しい~。。。

そんな思いで、
現在、
ホンマの繁盛店視察物語を
シリーズで書いています。

この物語は、
あなたが開業4年目の
焼き鳥屋さんって設定で、
店舗近くの
魚がウマい居酒屋さんに
店舗視察に行き、
いろいろ学ぶ物語。
でしたね!!

で、前回お送りした物語、
忘れた方はコチラで復習してね
http://syoubai-hanjyou.com/column/ホンマの繁盛店店舗視察物語/5296.html

(今日はここから物語のはじまり)

あなたと大将は、
さばの料理教室イベントで
話が盛り上げってましたね。

しかし、
大将からこんな質問を
あなたは聞かれました。

大将
『なあなあ、
サバの料理教室するのは良いけど、
イベント参加者、
どうやって集客するん?』

あなた
『そんなん決まってるやん。』
『常連さん 呼ぶねん』

大将
『何人くらい集まる???』

あなた
『んんんんん、多分
確実来るんは2人で、
多く来ても、、、、
八人いや5人ぐらいかな。。。』

大将
『nん、、、』
『もう少し来て欲しいーねー。』

『それに、
既存のお客さんダケやね』
『新規のお客さんも来て欲しい
トコロやね』

『せっかくのイベント。
新、旧、入った方が商売的には
イイ感じだし。』

『新規の人、
イベントに呼べる???』

あなた
『ええええええ。』
『チラシとかポスティングして
呼ぶこと出来るけど、、、』

『金がかかるWA』
『ちょっと、
経費かけるんもったいない
気がする。。。』

大将
『ほな、いいアイデアがあるで~』

『【ジョイントベンチャー】
しない!!!!!!!』

あなた
『ジョイントベンチャー???』

 

大将
『ジョイントベンチャーって
カッコつけて言ってん(笑)』

『簡単、簡単。』
『ようは、紹介や』
『うちの店のお客さん紹介するから』

『うちのお客さんも喜ぶし、
サバ料理食べる時
その店行く可能あるやん』

『お客さん、喜ぶやん!!』

あなた
『えええええ、
そんなん大将のお客さん
横取りしてるみたいやん』

『なんか気が引ける。。。』

大将
『ははっはっは(大笑)』

『なんでな~。
結局お客さん、違う店行くやん』

『それなら、知ってる人の店行く方が
お互いのメリットになるやん』

==============

ここでアドバイス
【ジョイント―ベンチャーとは】

ジョイントベンチャーとは、
先方(一方)、またはお互い(相互)の
資産(お客さん)を利用し、
互いの利益を増幅する
商売方法。
※今回は限定的な説明で行います。

例えば今回のイベント、
『サバの料理教室』で言うと、
大将のお店の顧客情報(資産)を
利用して、
あなたのお店の顧客になりうる
可能性で紹介します。

紹介されたお客様は
良い体験で利益を生みます。

大将は
知人であるあなたのお店の
イベントを紹介し、
お客様から感謝され
さらなる人間関係構築に
繋がります。

あなたは
新規のお客様構築の
可能性が出来ます。
それも
広告費ナシの無料で!!

このように
3者の利益がうまれます。

これを
ジョイントベンチャーと言います。

==============

あなたは
新しい商売方法を学びましたね。

商売方法はこのほか
沢山有ります。

さ~
次回はどんな商売方法が
出てくるんでしょうか?

楽しみにしてくださいね。

【今日の売上は昨日で決まっている】
【明日の売上は今日で決まる】
【さあ、行動しよう】

鳥羽塾 専任講師
天才 久志 正雄(ひさし まさお)

ホンマの繁盛店視察物語⑱ イベント実践編

From大阪自宅リビング

おはようございます。
鳥羽塾 専任講師
天才 久志です。

『三寒四温』ですね。
寒い、暖かい、
コレの繰り返しですね。

あたたかい
きもちい
『春』が一番最高ですね。
ウキウキします。

商売も一緒ですね。

ウキウキした気分で商売
していきたいもんですね。

そんな思いで、
現在、
ホンマの繁盛店視察物語を
シリーズで書いています。

この物語は、
あなたが開業4年目の
焼き鳥屋さんって設定で、
店舗近くの
魚がウマい居酒屋さんに
店舗視察に行き、
いろいろ学ぶ物語。
でしたね!!

あなたは前回大将から
『イベント』について学びました。

イベントは
お客様との関係性を築くのに
最高の集客ツールだ!!と。

そこで
あなたはイベント関して
自店でいいアイデアが
ひらめきました。

お酒が入っているが、
商売の考えは大将のおかげで
どうやら
『イイ感じ』になって来たようです。

いいアイデアとは
どんなアイデアなんでしょうか?

今日はそんな物語です。

あなた
『大将、
イベントについて色々教えてくれて
有難う』
『今、ピン、と
ひらめいた事があるねん』
『ちょっと聞いてくれへんか。』

大将
『あ~、いいですよ』

『今、明日の仕込みも終わり
片付けはスタッフにお願いするんで
時間有りますんで。』

あなた
『実はサバの専門店にする
って未来予想あるやん。』
『なんで、
サバの料理教室、やろうと
思ってるねん。』

『うちの店、
単身赴任や会社の人
多いやんか~』
『飲む人多いから
つまみ系料理を主にしようかな』

『大将に教えてもらった通り、
このイベントは、
集客イベントにしようと。』
『俺、魚さばくの結構上手やし。』
『日曜日のお昼にやるつもり。』
『日曜定休日やし。。。。。』

『最後、
お客さんと一緒に飲めるやん』
『ふふっふふふ(ほほ笑み)』

大将
『いいですやん!!』
『俺も行こうかな~』

『さっき伝えたコトちゃんと
学んでますやん。』
『イベントは人間関係作るのに
最高の集客ツールやって
事を!!!』

『さすがやね』
あなた
『おれ、今日、
大将に色々教えてもらったから
なんかパワー200パーセントやわ』

『でも、
もっとこのイベントでエエこと
あるねん』
『大将、聞きたい!』

大将
『おおおおお、
聞きたい、聞きたい。』

あなた
『ええでーーーー』

『実はサバの料理教室、
人間関係構築の場所ダケと
違うねん。』

『本心はなーーー』
『サバ料理の調査やねん』

大将
『調査??????』

あなあ
『ほら、サバ料理ってクセ
あるやん。』
『イベント中に俺、
何品かサバ料理作るから
どんな料理がみんないいか
調査するねん!!!』

『もう、
サバ専門店にする前から
調査出来て、
宣伝にもなるやん。』

『おれ、天才かも』
ふふっふうふふ(笑み)

あなたと大将は、
何か戦友のような打ち解け感が
出てきましたね。

お話は順調に進んで
行きそうですが、、、、、、、

次回、
とある問題が出てきます。

さて、どんな問題でしょうか?

【今日の売上は昨日で決まっている】
【明日の売上は今日で決まる】
【さあ、行動しよう】

鳥羽塾 専任講師
天才 久志 正雄(ひさし まさお)

border