メールマガジン申込み
rogo
メルマガ登録
header

商売繁盛の為に必要な3つの才能

From 新大阪のカフェ

おはようございます。
鳥羽です。

ひさしぶりのメールマガジンです。
今、新大阪のカフェでこのメルマガを
必死こいて書いています (笑)

ご無沙汰してまして
久志講師が、
面白いメールマガジンを
毎回、投稿してくれているので
すっかり、メルマガ読者になって
感心しながら読んでいました。

また
サポートしているお店や
わがそば屋も売上好調で
毎日忙しく活動していました。

さて、さて、、

先日、
ある方から
「私は鳥羽さんのように才能がないので、、、、」
と言うような
お便りを頂きました。

さ い の う、?

お店の売上を上げるのに、
そんなもん、
いらんやろ~
と思ってしましましたが、

そうは言うものの、

わたしも過去に、
商売が上手く、儲かっている方に対して、
「この人は才能がある!」
と感じたことがあります。

商売の才能のことを、
商才と言いますが、

商才がある方が持っている
才能とはいったいどんなものが
あるか、
考えて見ると、

まず
才能を分解して考えて
みますね、

才能を分解してみると、、
次の3つがあると思います。

〇努力の才能
〇技術の才能
〇心の才能
です。

努力の才能

目標実現のために心身を労すること、

この才能を持ち合わせている方は
努力だと思ってない方が多いかも

でも、
目標の為には労力をおしまない、
これって凄い才能です。

次に、
技術の才能

物事を巧みに効率的に行う技や仕方
ですが、

例えば
価値ある料理を作るとか
スタッフと上手く付き合うとか、
お客様を多く集めるとか、

私の場合は
お客様を集める術を40才過ぎてから
身に着けましたが、

特に今の飲食店は
お客様を集める術を習得する必要があります。

 

最後は、
心の才能

もしかしてコレが一番大切かも、

将来の具体的なイメージをもつ力だとか
商売が強烈に好きだとか、
面白がる心

ようはパッションです、
興奮です、
情熱です、

これが
先の努力の才能、技術の才能の
取得にも大きくかかわってくるからです。

 

こうやって考えると
商売の才能

商才とは、

もって生まれた素質によるよりも、
後天的に訓練や物の考え方で得た
才能によるところが大きいです。

自分には才能がない
と考えるよりも、

どうしたら
商才のある方に近づけるのか
考えて行動した方が早いです。

いまから、
商売の才能=商才
を身に付けましょう!

それでは今日も張り切ってまいりましょう。

 

鳥羽

追伸
鳥羽塾には商才がある方も多くいます
またその方達に触れることで
自然と商売の才能が身に付きます
詳しくはこちら➡ http://syoubai-hanjyou.com/member_lp

ホンマの繁盛店視察物語㊳ 最強の再来店編 

From大阪自宅リビング

おはようございます。
鳥羽塾 専任講師
天才 久志です

いや~、
今年はイイ感じで
売上が上がっています。

『なんで、
売上が上がっているか?』

それがあなたの一番
聞きたい事ですね。

答えは、
『沢山の集客作戦をやったから』
です。
です。です。です。

あなたは、
『なんだーそんな事かよ!』
って
言うかもしれませんね。

私も以前までは
あなたのと同じことを
言っていたでしょう。

しかし、
売上がUPした今だから、
『集客は多動集客』が
一番良い!!!

と、
断言できます。

多動集客は必要です。

しかしもっと大切なのは、
『新規来店されたお客様を、
再来店して頂く』
のが、
一番大切なことです。

簡単に言えば、
あなたのお店のファン。
それも、
熱狂的なファンを作る事。
ですね。

シリーズでお送りしている、
繁盛店視察物語。

この物語は、
あなたが開業4年目の
焼き鳥屋さんって設定で、
店舗近くの
魚がウマい居酒屋さんに
店舗視察に行き、
いろいろ学ぶ物語。
でしたね!

今日は、
そんな、
熱狂的なファンを作る方策。
についての
お話ですね。

(客はココから物語が始まります)

あなたは、
数日前に繁盛店の大将のお店に
視察に行き、
沢山の学びを得ました。

それで、数日後、
大将から『感謝状』が届きました。

あなたは、
儲かってるお店は流石だな~、
って感心していました。

と、
また数日後、
今度は大将の店から
封筒が届きました。

その内容は、
『なぜ、当店の魚はウマいのか?』

という内容の手紙でした。

どこから仕入れて、
とか、
保存は熟成シートに包んで
とか、
包丁の研ぎ方は刺身用にして、
とか、
ナンチャラかんちゃら。
でした。

ようは、
『お店のネタばらし』の
内容だったんですね。

あなた
『なんだ、この手紙。』
『企業秘密。やな。』

『こんなんバラシて良いのかな?』

『これ、仕入れ原価まで
書いてるし(笑)』
『大将アホやな(はははっは)』

『なんでこんな事するねん?』

『他の居酒屋の人見たら
ウマいコト利用して、
大将の店の競合になるで!!』

『なんでや??????』

==============
【ここでアドバイス】

手紙のカラクリ。

大将から送られてきた手紙には、
あり得ない程の、
『お店の秘密』が
書かれてありましたね。

それは、
『信頼を得る為』
なんですね。
※本日の重要ポイント

昨今
インターネットなどで検索すれば
何でも答えは見つかります。

飲食店で言えば、
食べログなどでお店の評価基準も
見られる時代です。
※良いか悪いかは別問題。

何でも情報は取得できます!

その中で、
情報の真実さ。
が、
現在重要視されています。

そうですね、
ウソがナイ、
『信頼度』が重要視されて
いますね。

はい、そうですね。
大将の手紙に内容は、
真実の情報、でしたね。

こんなの公開されたら、
一気に信頼度が増しますね。

信頼度が増すと
どうなるんでしょうか?

簡単です。

大将の店は、
『間違いなくウマい店』
『人に教えても間違いなしの店』
『大将の人柄は誠実だ』

などの作用が期待できますね。

これが伝われば、
どんな販促をしても
効果はモノスゴク有ります。

これが、
商売の一番大切な
信頼 
です、

==============

あなた
『あ~、信頼か!!!』

『おれ、ライバルの大将のコト
ファンになったWA』

『あれ、
手紙になんか入ってる!!!』

『をっ、
1000円券。や。』

『これは、次の休み、
お店いかなあかんやろ~』

※1000円券は大将の作戦です。
 信頼を得てファンになり、
 再来店を即する金券作戦。
 
 儲かってるお店はスゴイ!

あなたのコト
応援しています。

【今日の売上は昨日で決まっている】
【明日の売上は今日で決まる】
【さあ、行動しよう】

鳥羽塾 専任講師
天才 久志 正雄(ひさし まさお)

ホンマの繁盛店視察物㊲ 忘れられない戦略編

From大阪自宅リビング

おはようございます。
鳥羽塾 専任講師
天才 久志です

どっぷり、
「梅雨」ですね。

雨は店舗ビジネスには
いや~な感じですね。

でも、
毎年、毎年、毎年、
の繰り返しですよね~。

そうなんですよね。
これとても大切なコトなんです。

何が?
大切なコト。ですね。

それは
「人は忘れる生き物」
って事なんです。

シリーズでお送りしている、
繁盛店視察物語。

この物語は、
あなたが開業4年目の
焼き鳥屋さんって設定で、
店舗近くの
魚がウマい居酒屋さんに
店舗視察に行き、
いろいろ学ぶ物語。
でしたね!

今日は、
「忘れる」をテーマに
もうかる経営のお話を
していきたいと思います。

ハッキリ言います。
『忘れる』を改善すると
売上は一気に上がります。

どんな戦略でしょうか?
気になりますね。

(今日はココから物語が始まります。)

あなた
『大将、帰るわ~。
ごちそうさん。』

大将
『こっちこそ、有難う。
お会計は4352円です。』

あなた
『細かいな~会計。』

大将
『当たり前やんか。
消費税。消費税。』

あなた
『そんなん、取ってるん!』

大将
『当たり前やん。』
『納税は国民の義務。』

『お店が負担する必要
無いで~』

あなた
『そやな。
国民の義務やな。』

『明日からちゃんと、
消費税加算しよう。』

大将
『おっ、
コレで8%売り上げアップやな。』

あなた
『ほんまや』(二ヤリ)

『有難う帰るわ。。。』

店舗視察はここまで。

※※※※※※※※※※※※
2日後
※※※※※※※※※※※※

あなた
『あれ?』
『大将の店からハガキや?』
『なんやろか?』

【ハガキの内容】
感謝状
先日はご来店有難うございます。

当店のサービスはいかがでしたか?
当店はあなたの為に
『何が出来るか』
を常に考えております。

あなたが再度お店に来て頂けたら
モノスゴク嬉しく感じます。

その為にも、
努力を怠らない様に頑張ります。

○○(店名)
○○(大将の名前)

【ハガキの内容はここまで】

あなた
『ま~、律儀なハガキやな。』

『ってか、
おれの為に切手代使って、
勿体ない。勿体ない。』
※心中はウレシイ

==============
【ここでアドバイス】

感謝状の本当の意味。

感謝状は感謝状ではアリマセン。

この場合、
『行ったお店の事を
忘れさせない作戦』です。

ヒトは、
20分後には42%忘れる
1時間後には56%忘れる
9時間後には64%忘れる
1日後には67%忘れる
2日後には72%忘れる
6日後には75%忘れる
31日後には79%忘れる

という実験結果が有ります。

『なんで?
お客様は再来店しないのか。
と思うコト無いですか。

そうですね、
単純に『忘れている』という事も
その要因の一つです。

その要因を一つでも
改善する意味で、
『感謝状』を送っているん
ですね。

補足ですが、
忘れさせない作戦。
以上に、
ハガキを貰うとウレシイ。
モノですね。

そんな意味も
ハガキには有りますね。
※だから感謝状なんですね。

==============

あなた
『あ、あっ。』
『そういうコトだったんのか!』
『このハガキの意味は!』

あなたは気付いたようでね。
ハガキの意味を。

あなたは気付いた事、
今日から
実践しますか?
実践しませんか?

選択は自由です。

しかし
儲かってる繁盛店は、
やってるいます。

あなたのコト
応援しています。

【今日の売上は昨日で決まっている】
【明日の売上は今日で決まる】
【さあ、行動しよう】

鳥羽塾 専任講師
天才 久志 正雄(ひさし まさお)

ホンマの繁盛店視察物㊱ お客様に○○とは?編

From大阪自宅リビング

おはようございます。
鳥羽塾 専任講師
天才 久志です

先日なんですが、
他店の飲食店視察に
行っていたんですが、
『ココは流石だなー』
と、
関心した事が有ります。

それは、
しっかりとお客様に
『○○』していたことです!!

○○とは何でしょうか?

シリーズでお送りしている、
繁盛店視察物語。

この物語は、
あなたが開業4年目の
焼き鳥屋さんって設定で、
店舗近くの
魚がウマい居酒屋さんに
店舗視察に行き、
いろいろ学ぶ物語。
でしたね!

今日は、
『○○』の回答が解る、
お話な様です。

さ~、
気になりますね。
では。

(今日はココから物語が始まります。)

※閉店の時間まで残りわずか、、、

お客様
『大将、もう帰るは~』

『あの魚、
ウマかったわー。』
『次来たとき
はどんな魚が入荷してるか、
楽しみやは~』

『もう、いい時間になったし、
明日も仕事仕事。』

『明日、博多まで出張。
朝イチ新幹線で行かな!!!』

大将
『そんなら、
朝まで 他の店で 
飲んでたら。どない?』

『ウチの店は閉店時間やし!!!』

お客様
『あかん、あかん、
遅刻してしまうわ~。』

『ほな、
博多みやげ持って。
また、来るわな~』
※イイ感じのほろ酔い気分。

大将
『有難うございます!!!』
『お気を付けて』

あなた
『あ~、俺、
最後のお客さんに
なってもうたわ。』

『俺も、そろそろ帰るWA』

大将
『お。
今日はいい話できたかな。』
『俺も、初心の気持ちに戻った。』

『こちらこそ、
有難うございます!』
※リチギ、、なお礼で

あなた
『それにしても、
お客さん閉店時間前に、
スッと、
居なくなったな~』

『あんなに繁盛してたのに~
皆、ス――――と
帰ってい言ったな。』

『俺の店なんか、
最後の最後まで、
帰らないお客さんバッカリやで~』

大将
『うん、うん、うん。』
『ナカナカ帰らないお客さんね~』
※聞きこんでいる返事。

あなた
『なんで大将の店のお客さんは、
皆、すぐに帰るん???』

『お店のスタッフが、
「もう閉店やから帰ってやーーー」
なんて、言わなくても、
すんなり帰るし!!』

『きっちりとした対応の
お客さんばっかり。
スゴイよな~』

『なんでそんなお客さんばっかり
??????? なん?』

大将
『なんで?って。。。』
『答えは簡単。』

『お客様を教育してるから。』
↑↑↑↑↑
※本日の重要ポイント

あなた
『教育???』
『お客さんに教える?』

『意味わからん?』

『お客さんからお金貰ってるのに、
指導するみたいに、
教育するなんて。。。』

『そんなしたら、
お客さんに怒られへんか?』

大将
『教育する。ってワード、
ちょっと、
衝撃的かな。』
※笑いながら。

『ようは、
お店にとっていいお客さん
ダケ、に、
来て欲しいねん。』

『最後までダラダラとしている
お客さんって、
やっぱり、お店にとっては、
不利益やわ。』

『帰るの待ってる人件費も
結構、ばからしい。し。』

『そんな無駄な経費かけるなら
安く商品提供した方が、
よっぽどイイ。』

『お店側にしても
お客さん側にしても、
その方はイイに決まってる。』
※熱弁口調

あなた
『そうやな~』

『俺も、
あと一杯、頼んでくれたら~。
っていう思いで、
ダラダラと営業していたわ。』

『ま~、結局、
遅くまで営業しても、
お金にはならない、、、、、、』

大将
『そうやろ!!!』

『それなら、
忙しい時に沢山稼ぎ、
スッパ。
と終了する方が経営的に楽やろ』

あなた
『うん、うん。』

大将
『ちょっと稼ぎたい。
っと思って、閉店間際に
2件目のお客さん入れたりしたら
これも又、
シンドイ経営やな。』

『うちのお店は、
閉店1時間前に来られるお客様は
お断りしてるねん。』

『前は、
小銭欲しさに入店してもらってケド、
やっぱり単価上がらず、
ホンマの小銭売り上げやったわ。』

あなた
『へ~、
断ったらもったいなくナイ!!』

大将
『いや、
実際はちがうねん』

『閉店間際に断るやろ。』
『そしたら、
次回、オープンと同時に
そのお客さん来てくれてん。』

『まえ、入店出来なかったから、
今日は早くキタデ~って。』

『その方が、
一件目使いで売り上げも良いし、
何より、
沢山の商品が有るから
お客さんも喜んで貰える。し。』

『お互いにとって
ムッチャいい循環(ニンマリ)』

『これらを、
お客さんを教育する。
っていうコトやねん。』

あなた
『はーーー
なるほど、なるほど。』
『その通りやな』
(物語はここまで)

今日の話は
「すぐに売り上げに反映されるモノ、
ではアリマセン。」

しかしながら、
お客様を選択しながら
お客様を教育していかなければ、
繁盛店にはなりません。

お客様の
「ワガママを聞き入れる事」は、
本当のサービスでしょうか?

今一度
あなたのお店に照らし合わせて
下さいね。

あなたのコト
応援しています。

【今日の売上は昨日で決まっている】
【明日の売上は今日で決まる】
【さあ、行動しよう】

鳥羽塾 専任講師
天才 久志 正雄(ひさし まさお)

アレが無いとTV取材は来ません。

From大阪自宅リビング
おはようございます。
鳥羽塾 専任講師
天才 久志です。

最近、
『飲食店って浮き沈み有る
業種だな~』
と、
モノスゴク思います。

私は大阪で
飲食店を経営しているのですが、
ま~、
テナントの入れ替わりが
激しい。です。

ここ2年間で、
周囲の店舗がグルグルと
入れ替わっています。

しかしながら、
『ボン!!!と、
堂々と
何年も経営しているお店は
存在しています。』

じゃ、その、
●グルグル入れ替わったお店

●堂々と数年経営しているお店

何が違うんでしょうか?

遠まわしに言っても
時間が無駄になりますので、
答えを先に行っちゃいますね。

それは、
【コンセプト】ですね。

コンセプトが有るお店は
そのお店の『強み』がお客様に
伝わりやすく、
『そのお店しかナイモノ』が
有りますね。

簡単に言えば、
コンセプト=そのお店のウリ
ですね。

このコンセプトが
『かっちり』決まれば、
私が得意とする、
『TV取材の依頼』も
カナリ、
カナリ、きます。

実際今年に入り、
私は2回も同じTV番組から
取材が入りました。

番組は、
スポーツバラエティー番組です。

飲食店の『何に』関係があるのか?
と、思ったあなた、
「鋭い!!!」です。

私のお店は、
広島お好み焼き店で、
「カープを応援するお店」
という、
コンセプトも持ち合わせています。

その、
「カープを応援するサマ」を
TV局は取材したく、
当店に取材依頼が来たんですね。

『久志さん、
料理とあんまり関係ないので
TV放映されても
あんまり来店につながらない
のでは?』

と、思っていませんか。

答えは、
『ハイ、集客にはつながりません。』
です。

しかし、
『ある一部の方には
モノスゴク効果のある放映です。』

ある一部とは、
もうお分かりですね。

それは、
『カープファン』ですね。

当店にはコンセプトが
3っつあります。

広島お好み焼き専門店という事を
絶対条件にして、
① 広島県出身者
② 広島お好み焼き専門店
③ カープファン
という3つです。

それそれのコンセプトには
関連性が有りますね。

一言で伝えれば、
『広島』って事ですね。

なので、
カープファンの方にはとても
TV放映は有益な情報だったので、
放映後は、
カープファンでにぎわいました。

コト、
TV取材を2回も受けた。
って事は、
TV局からすれば、
『カープファンの盛り上がりを
取材したければ、
あそこのお店に相談したらいいんだ!』

という、
つながりが出来ていますね。

これ、ものすごいコトですね。

○○と言えば、あなたのお店。
っていうポジションが確率されて
いますね。

コレが、
コンセプトの力です。

っあ!!!
TV取材を受ける為に
コンセプトを作るのではないですよ。

コンセプトがあったから、
TV取材が2回もあったんですよ!

コンセプトが有れば
●新聞折込チラシ
●DMハガキ
●食べログ
●ぐるなび
●店前看板
などなどなど、

伝わり方が何倍にもなり、
販促効果が
とても高くなります。

あなたのお店には
コンセプトはありますか?

強みから
考えて下さい。

考える事が経営です。。。

あなたのコト
応援しています。

追伸
コンセプトの大切さは
理解できた。

 

しかし
TV取材を受ける方法が
どうやったら良いか
まったくわからない。。。

大丈夫、心配しない下さい。
イイ教科書がありますよ。

興味あったらタップしてみて。
↓↓↓
http://syoubai-hanjyou.com/puresu1

 

【今日の売上は昨日で決まっている】
【明日の売上は今日で決まる】
【さあ、行動しよう】

鳥羽塾 専任講師
天才 久志 正雄(ひさし まさお)

 

なぜ、飲食店はTVにヨク取材されるのか?

From大阪自宅リビング
おはようございます。
鳥羽塾 専任講師
天才 久志です

6月如何お過ごしですか?

もうすぐ飲食店には
『敵』の
あいつがやって来ますね。

あいつ???

そう、あいつとは、、、
『梅雨』ですね。

雨が降ると、
客足は遠のきます。

これは、
ホント仕方がナイですよね。

って、
いう事ではアリマセン!!!
※声を大にして

しかしながら、
雨が降っても、
『満席』のお店があります。

これは、
『おっ、あそこの店入ってみるか!!!』
って言う、
その時の気分で来店する
お客様ではない方が多い
お、み、せ、ですね。

いわゆる、
『予約で満席な状態』
という事ですね。

そう、
梅雨時期などの雨で集客できない。
でなく、
【予約をどう取るか】
が、
改善策で一番良い方法です。

しかし、
こんな考えの方がいらっしゃるカモ
しれませんね、、、

『久志さん、
私のお店は蕎麦屋なので、
そもそも予約受け付けてないんです。』

『予約を取らなくても
お店を満席にする方法ありますか?』

そんな考えのあなた、
大丈夫です。

予約というのは
単価が高いお店にヨクある傾向
ですね。

単品商売なら低単価で、
予約が取りずらい。。。。。
ですね。

しかし、
単品商売の蕎麦屋さんでも、
来店前から、
『よし!
あの蕎麦屋に今日は行こう~』
と、
お客様の『気持ち』に入っていれば
それは、予約と同等ですね。

じゃ、その、
『予約』をどうやって取るか?
という事ですね。

様々な手法は有りますが、
私が最近成功した
良い方法が有ります。

それは、
【プレスリリース】です。

プレスリリースとは、
故意的にお店からTVや新聞などの
メディアに情報発信し、
取材していただくコト。
なんですね。

プレスリリーの
いい教科書があります。
↓↓↓↓↓↓↓↓(タップする)
http://syoubai-hanjyou.com/puresu1

プレスリリースして、
TVに取り上げられると、
それは、それは、それは、
お客様がワンサカと来店
されます。

実際私のお店でも、
今年に入り、
4回もTVに取り上げられました。

①正月特番のバラエティー番組。
②バラエティー番組
③スポーツバラエティー番組
④スポーツバラエティー番組
※④は③と同じ番組(再取材)
ですね。

①②は全国放送。
③④はローカル番組
です。

その
②バラエティー番組で
プレスリリースに成功
したんですね!

取材内容としては、
『隠し味を当てて頂く』
というものでした。

当店で提供している
『牛筋煮込みの隠し味は?』
っていう、
問題だったんですね。

答えは、
意外や意外のあの商品。

実は、
牛筋煮込みにホワイトチョコを
使ってる!!!

って、答えだったんですね。

私がTV局にプレスリリースし、
強く押した内容が、
『意外性(牛筋にホワイトチョコ)』
だったんですね。

まー、
料理スキルが有るあなたなら、
『まあ、、、乳脂肪分が多く、
牛筋煮込みには
良い食材だなー』
と、
思うでしょう。

しかしながら
TVを見ている方は、
『意外性』を楽しみにしているん
ですね。

そらー、
料理人でない
TV視聴者のかたには、
牛筋にホワイトチョコは
面白く意外性があり、
記憶に残りやすいですね。

『久志さん、
私のあの料理に使うアレ、
ムッチャ隠し味で
絶対面白い食材なんですよ~』

って、あなた。

もう早速、
プレスリリースして、
TVに取り上げて頂き
梅雨対策に走っちゃいましょう!

あなたのコト
応援しています。

追伸
意外性が大切なのは解った!

しかし
プレスリリースを
どうやったら良いか
まったくわからない。。。

大丈夫、心配しない下さい。
イイ教科書がありますよ。

興味あったらタップしてみて。
↓↓↓
http://syoubai-hanjyou.com/puresu1

 

【今日の売上は昨日で決まっている】
【明日の売上は今日で決まる】
【さあ、行動しよう】

鳥羽塾 専任講師
天才 久志 正雄(ひさし まさお)

人気番組に取材オファーを受ける秘策とは?

From大阪自宅リビング
おはようございます。
鳥羽塾 専任講師
天才 久志です

イイ朝です。
朝から調子がヨク
食パン3枚食べました。

ま~、
これほど調子がイイのは、
『お店の利益が出ているから』
なんですね。

その利益が出ている
最大の理由は、、、、、、

『新規のお客さんをお店に呼ぶ
広告費が半分以下』にしているから
なんです。

あなたは、
『あれ、久志さん、
販促や広告費は費やさないと、
お客さんは勝手にコナイで!!』

って、
いつも言ってますよね~

と、
おっしゃるカモしれませんね。

実は、
今年に入ってから
有名番組に4回も取上げられたん
ですね。

現在お客様を断る頻度が
かなり多くなっているので、
『新規の顧客獲得の費用を
抑えて作為的にコントロール』
しているんです。

なので、
利益が出ているんですね。

で、
その取り上げられた番組が、
5か月間で4本になります。

それぞれ伝えると、

①正月特番のバラエティー番組。
②バラエティー番組
③スポーツバラエティー番組
④スポーツバラエティー番組
※④は③と同じ番組(再取材)
ですね。

①②は全国放送。
③④はローカル番組
です。
『久志さん、いいな~。』
『その方法や秘策、教えて!!!!!』
と、
あなたの声が
スマホの画面を通して聞こえて来たので
今日は特別に
お伝えしますね(笑)

では、
『どうやってTV取材を受けたか?』
って事ですよね。

それぞれ取材依頼の道筋が
違うので、
それぞれ説明しますね。

①正月特番のバラエティー番組は、
超、超、超~有名な、番組。

あなたも知っている番組です。

しかも正月特番って事も有り、
その月の視聴率ランキングで
『代4位』と言う事でした。

放送後は、
想像を絶する~反響で、
5ヶ月経った今でも、
『あの番組出ていたね~』
って言われるほどです。

そんな番組、
『久志さん、
どうやって依頼されたんですか?』
と言う事ですね。

番組の内容が、
『広島お好み焼き
  VS
関西お好み焼き』
って内容だったんですね。

それぞれの、
利点や人気度合いを調査し、
様々な角度から取材され、
バラエティ番組ポク、
放送されていいました。

ご存知の方も多いとは思いますが、
私のお店は、
『広島お好み焼き専門店』で有り
な、が、ら、
大阪で経営している。
お店なんですね。

簡単に言えば『珍しい』
ですね。

そう、その、
『大阪で広島お好み焼き店を
大阪で経営しているサマ』
が珍しく、
取材対応になった。

って言うのが取材を受けた
最大の理由です。

『な~んだ、久志さん、
そんなことですか!!』
と、言わない下さい。

それは、取材を受けた理由であり、
『秘策』が有るんです。

いいですか、
今日の最大のポイントを
伝えますよ。

それは、
『物語』です。

そう、
『イソップ物語』や『昔話』
に出てくる、
その物語が秘策なんです。

実は人にモノを伝える時、
物語にする方が、
モノすごーーーーーーーーく
伝わりやすく、記憶に残りやすいん
ですね。

例えば取材依頼を受けた
私のお店の物語は、
ごくごく簡単な物語です。

どう言う物語かと言えば。

(ここから)
【実話】
夫婦2人で10年前に立ち上げ
広島お好み焼きのお店。

最初は大阪で広島お好み焼き、
と、モノ珍しく繁盛していた。

が、
日を追うごとにお客様は
離れていき空席が目立つお店に。

追い打ちを掛けるように
とあるお客様からは、
『こんなん広島のお好み焼きと
違う!!』
『モダン焼きやないか!!』

と、お叱りを受ける始末。

夫婦2人は、
お店を締める事も考えていた。。。

しかし、
とある日、
広島出身のお客様がご来店し、
『懐かしい味だ!!』
と感謝の言葉をもらった。

そこから夫婦2人は、
『商品でなく、
お客様を大切にして行こう』

と、考えを改めた。

そこからお客様がお客様を呼び
今では繁盛店にまで成長した。

(ここまで)

と言う物語です。

まあ、まあ、ま、あ、
『何処にでもあるような物語』です。

しかし、
何処にでもあるような物語を
『大半、いや、殆んどのお店が
用意していない。』
です。

TV番組って『映像』ですよね。

当たり前です。ね。

じゃ、
なんでTVに取り上げられたいと思うのに、
映像にする為の、
『物語』を用意していないんですか?

っと、私は声を大にして言います!

TV局の方は、
膨大な仕事をいつも抱えています。

あなたのお店のコトを
『よし、取材するカラ、
何かいい事あるかな~』
なんて調査してくれません。

の、な、で、
コチラ側から、
伝わりやすく面白い物語を用意する
コトで、
取材依頼のの確立は
ぐーーーーーーん、と上がります。

よくよく考えてみれば
当たり前ですね!!!

私が5か月間で4本の有名番組に
取上げられた方法を全てお伝えしたかった
のですが、
あまりにも長文になりそうなので、
②~④は、
次回にお伝えしますね!

楽しみにしててください。

あなたのコト
応援しています。

 

追伸
物語が大切なのは解った!

しかし
物語の作り方が
まったくわからない。。。

大丈夫、心配しない下さい。
イイ教科書がありますよ。

興味あったらタップしてみて。
↓↓↓
http://syoubai-hanjyou.com/puresu1

 

【今日の売上は昨日で決まっている】
【明日の売上は今日で決まる】
【さあ、行動しよう】

鳥羽塾 専任講師
天才 久志 正雄(ひさし まさお)

5ヶ月で4回TV取材を受けた方法とは?

From大阪自宅リビング
おはようございます。
鳥羽塾 専任講師
天才 久志です

6月~~~!!
ですね。

私の店は、
イイ感じに売り上げが
上がって来ています。

実は、
今年に入ってから私のお店は
『5回』もTV取材を受けました。

おおよそ月一回ペースですね。

で、
最近このお便りでは、
『ホンマの繁盛店物語』を
お送りしているのですが、
チョット趣向を変えて、
TV取材の受け方をお送りしますね。

で、
どうやってTV取材をうけたか?
ってお話しする前に、
どんな番組に出たか?を、
お伝えしますね。

①正月特番のバラエティー番組。
②バラエティー番組
③スポーツバラエティー番組
④スポーツバラエティー番組
※④は③と同じ番組(再取材)
ですね。

①②は全国放送。
③④はローカル番組
です。

①から④で、
『あれ?』『なんか違和感、』
『アリアリだな~?』
って気付いたあなた。

その感覚、『最高』です。

『何が違和感?』
って思っているあなた、
『ダメ』でなく、
TV取材を受けられる可能性が
ムッチャクチャ高いです。

『何の違和感』を先に
言っちゃいますね。

それは、
料理屋さんナノに、
な、の、に、
『料理番組でなく、
バラエティ番組やスポーツ番組だ』
って、事ですね。

ようは、
私は料理屋さんの経営、運営、
をしているが、
情報発信する場合、
『料理のコトだけ』を伝えてイナイ
のです。

これを、
『切り口を変え伝える』と言います。
↑↑↑↑↑
※本日の最重要事項です。

具体的には、
当店は広島お好み焼き店。

で、あ、り、な、が、ら、
『カープ球団を応援するお店』
なんですね。

『広島お好み焼き店』
と、
『カープ球団を応援』
がコラボコンセプトを持つ
お、み、せ。なんですね。

これでかなり唯一無二感が
出てきていますね。

それに、
『広島お好み焼き』と
『カープ球団』の関連性も
アリ、
ぶれないコンセプトに
なっています。

そのぶれないコンセプトが
TV取材陣の目に留まり、
取材対象になったんですね。

そら~、
その切り口で情報発信されると
取材側も、
『絶対面白く、めずらしいから
視聴率が取れるで!!』
と、想像できます。ね。

しかしながら、
『久志さんのだから出来るねやろ~』
とおっしゃるカモ?
知れませんね。

私は、
『いや、いや、いや、』
『あなたの店も出来ます。』
と、
声を大にしてお伝えします。

具体的に例を挙げると、
TV取材を受ける為にお手伝い
させて頂いたお店のコトを
お伝えしますね。

そのお店はパン屋さん。

TV取材される為に、
様々な角度から調査しました。

私は、
『お店の色々な事柄を教えて下さい!』
と回答を求めると、、、、

『パンパン、パン、パン、パン』
の事ばかり。

『作り方はこうです。』
『売れてるのは これです。』
『朝3時から仕込みです。』
『このパンを売りたいです。』
『夫婦2人で切り盛りしています。』

ね、
『パンのコトばかりです。』

当たり前、なんです。
当たり前で、しかも、
『手を抜かない職人さん』が
ものすごく伝わります。

ここで、その、
職人気質の伝え方を
切り口を変えて伝えなければ!

と、思い、
私はその、
職人気質の店主さんを
調査しました。

そしたら、
『出るわ、出るわ、
面白い店主さんの情報が!!』

実はココの店主さん、
『CDデビューしていた経験』
をお持ちの歌手だったんですね。

そこで私は、
『歌が歌えるパン職人』
で情報発信しましょう~。

と提案。

するとどうでしょう。
2局のTV番組からのオファー。

『すげ~』って感じですね。

番組で紹介されていた内容が、
『ライブハウスは満席に出来なかったが、
今は、
自店のパン屋さんをお客さんで
満杯にする
クリームパンがウマイお店』

と紹介されていました。

コチラの趣向通り、
『パン職人』と『元歌手』の
伝わりが最大限に生かされていますね。

いわゆる、
パンの情報だけでない
『切り口を変えた伝え方』
ですね。

あなたも
『切り口変換』
実行して下さい。

キットTV取材が来ます!!

あなたのコト
応援しています。

【今日の売上は昨日で決まっている】
【明日の売上は今日で決まる】
【さあ、行動しよう】

鳥羽塾 専任講師
天才 久志 正雄(ひさし まさお)

追伸
『切り口』の変換の仕方が
まったくわからない。。。

大丈夫、心配しない下さい。
イイ教科書がありますよ。

興味あったらタップしてみて。
↓↓↓
http://syoubai-hanjyou.com/puresu1

ホンマの繁盛店視察物㉟ 『顧客を買え』編

From大阪自宅リビング

おはようございます。
鳥羽塾 専任講師
天才 久志です

おおお、
暑くなってきましたね。

私のお店も先日より、
『クーラー』を使っています。

本心は、
『クーラーを使った分ダケ
電気代が、あ、が、る~』
と、
悲鳴を上げたいのは
本心です!!!

しかし、
『お客様の事を考えれば!』
という感情もアリ、
経営ジレンマが出てきますね。

まー、商売です。

私たちのような
店舗経営者は、
『良いお客様に来て頂いて
ナンボ です。』
※大阪商人の言い方で(笑)

『良いお客様』って言うけど、
お店開けて、
勝手にホイホイ来店する。

なんてことは、
殆どありませんね。

たまに来て頂いたら
『ラッキー』ぐらいですね。

でも、
『ラッキー』はそうはアリマセン。

それに
『ラッキー』に頼る経営は
経営ではないですね~。

じゃ、どうやって
『いいお客様に来ていただくか』
って問題がありますね。

以前よりお伝えしている
『ホンマの繁盛店視察物語』。

この物語は、
あなたが開業4年目の
焼き鳥屋さんって設定で、
店舗近くの
魚がウマい居酒屋さんに
店舗視察に行き、
いろいろ学ぶ物語。
でしたね!

で、今日はそんな
良いお客様を
どうやって集めているか?
ってお話です。

さー
どんなお話が聞けるんでしょうか?

(今日はここから物語が始まります)

あなた
『な―大将。』
『さっき予約の電話かかって来たやろ』

『予約って結構、
電話かかってくるん?』

『大将のトコロは
バンバン入ってきそうやな~』

大将
『はははははっは。』(大笑い)
『そんなに入ってコナイで。』

『それは勝手なイメージやは!』
『超、有名店みたいに
思ってるやろ。』

『まーアレはあれで、
やり方あるんやけどな。』

あなた
『じゃ、
どうやってお客さん集めてるん?』
『どうやって電話予約
掛かってくるようになるん?』

大将
『教える前に、、、』
『3つ伝える事があるねん』

あなた
『え、3っつのコト。???』

大将
『もう閉店時間やから
ちょっと簡単に言うで~』

『お客さんを集めるのに
大切な3っつの考え方』

① コンセプトを決める
② 良いお客さんダケを集める
③ お客さんは買う

『って事やねん。』
『それぞれ説明するで。』

『① コンセプトを決める。
とは、
簡単に言ったら、
お店のウリってナニ?
って事やな。』

『コンセプトが無ければ
お客さんも、
「ココのお店何屋さん?」って
迷わすやろ。』

『迷わすって事は、
どんな方法で集客しても
伝わらなく、来店しない。』

『って事やな。』

『② 良いお客さんダケを集める、
とは、文字通りやな。』

『来て欲しいお客さんダケ、
を集めるねん。』

あなた
『そんなん、選べるコトなんか
出来るわけないやん。』

大将
『イヤイヤ、選べる』
※断定感アリアリな顔で。

『例えば、
単価が高く安い単価のお客さんって
俺らみたいな個人店には
不向きやん。』

『どうしても単価安く、
長居してもらったら
儲からへんやろ。』

『その辺は大手のお店に
任してもらった方がエエよな。』

『単価高いお客さんが欲しいのに、
「安いよ、安いよ、ウチの店WA」。』
『って言ってる経営者は
ムッチャ多いやろ。』

『それなら、
ウチのお店は○○がウマい。
って伝えて、
単価が高い商品を前に出して
伝える方が得策  やな!』

『と、最後の3つ目が
繁盛店の考え方やな。』

『③ お客さんは買う。とは、』
『衝撃的な言葉やろ!!』
『簡単に言ったら、
広告費をかけて宣伝し、
来店してもらう。
って事やな。』

『例えば、
食べログ、ぐるなび、新聞チラシ、
など、など、など。』

『これらの媒体使ったら、
お金かかるやろ。』

『結果お客さんを買ってる、
やろ。』

あなた
『なるほど。。。』
『お客さんを買う。
って事やな。』

大将
『俺、前から言ってるやろ。』
『商売は 投資と回収って。』

『まさにお客様買う、は、
投資と回収やろ』

あなた
『経営者みたいなコト言うな。
大将は!』

大将
『あんたも経営者やろ』

あなた、大将。
『ははっはhっははははh!』
※馬鹿笑い

(物語はここまで)

経営者はいつも
笑って
経営したいものですね。

あなたのコト
応援しています。

【今日の売上は昨日で決まっている】
【明日の売上は今日で決まる】
【さあ、行動しよう】

鳥羽塾 専任講師
天才 久志 正雄(ひさし まさお)

ホンマの繁盛店視察物㉞ 電話対応編

From大阪自宅リビング

おはようございます。
鳥羽塾 専任講師
天才 久志です。

やばい、ヤバい ヤバイ~。
もう、
こんな時期ですよ!!

そう、
5月も下旬。
って事は、2019年が始まり、
『折り返し』(半分が過ぎる)
地点ですよ。

2019年。
「今年は儲ぐぞ!!」
って誓いをたてたあなた。

いかがですか?

『久志さん、
今日から行動します。』
『なので、
スグに儲かる方法教えて
下さい!!』

そうですね、
『では。。。。伝えします。』

とは、言えないです。

商売の基本は、
『投資と回収』です。

如何に投資して、
効率よく回収するかです。

なので、
『スグに儲かる、稼げる、』
お話は、
商売ではありませんね。

でも、
でも、
でも、
以前からシリーズで
お伝えしている、
『ホンマの繁盛店視察物語』
を、読んで頂ければ、
効率よく商売ができます。

この物語は、
あなたが開業4年目の
焼き鳥屋さんって設定で、
店舗近くの
魚がウマい居酒屋さんに
店舗視察に行き、
いろいろ学ぶ物語。
でしたね!

で、
今日は、
『効率の良い投資と回収』
のお話です。

それも、
身近な具体例でお話しますね。

では!!
(今日はココから物語が始まります)

RUUUU
RUUUU
RUUUU。
※視察先(お店)の電話。

大将
『はい!!!!!!』
『お電話有難うございます。』
※大将の元気な声で対応。

電話の相手
『お忙しい中スイマセン、、、』
『ぐるなび見て連絡しました。』

『実は
会社の宴会先探してまして、』

『突然なんですが、
明日の夜7時に8名。
「4000円のコース」
でお願いしたいんですが、、、』

『予約は可能ですか?』

※※※※※※※※
どうやら、
会社の宴会先を探している、
幹事さんを任された方からの
電話ですね。

それも、
急に先輩から命じられ
ぐるなびで
探していたようです。
※※※※※※※※

大将
『え~と。。。』
『ちょっと待ってくださいね。』
『予約帳確認しますね。』

※小声で
『3名』『6名』『満席かな?』
『いや、行けるか?』
『えーーーーーと???』

※元気いっぱいの声で。
『はい!!!、
お客様、
何とかお席御用出来ます!』
『大丈夫ですよ、
有難うございます。』

『お客様、確認なんですが。
8名様のご利用。
との事ですが、
お人数が増える事、
有りますでしょうか?』

電話の相手
『いえ、
明日は8名で。
増えることはないですよ。』

大将
『ならば、大丈夫です。』

==============
【ちょっとココでアドバイス】
本当のトコロ予約は
2件の計6名しか
入ってアリマセン。

これは、
急な予約の
キャンセルを防ぐ方法です。

【繁盛している感。】
の演出です。

これをすると、
お客様は、
『そんなに流行っているお店なら
絶対に行きたい!』
と、期待が上がるハズ。

そうなれば、
キャンセル。とはならないハズ。

しかし、
来店当日、『お席がガラガラ』
ってな事が有ります。

そんな場合は、
『今日、突然に
団体さん予約に日程変更の
連絡があり、
お席が空いちゃったんです。』

とか、
愚痴っぽく伝えましょう。

この電話対応を
遇直に繰り返しておけば
ホンマの繁盛店になります!!

==============

電話の相手
『では当日、
よろしくお願いしますね。』

大将
『では、明日、
よろしくお願いします。』

(今日の物語はここまで)

今日の物語はいかがでしたか?

電話対応で、
『ウソをつくのは良くない。』
なんて言われそうですが、
それは違います。

これは、
【演出】なんです。

お客様の期待値をあげ
ワクワク、
ドキドキ、
を提供する。演出です。

この演出とは、
前述していた『投資』ですね。

来店して頂いたお客様は、
期待知が高い分ダケ
購買単価は高くなります。

そうですね、
『投資』と『回収』です。

電話一つにしても、
繁盛店の経営者には
学ぶものがありますね。

あなたも早速
実践してみましょう。

あなたのコト
応援しています。

【今日の売上は昨日で決まっている】
【明日の売上は今日で決まる】
【さあ、行動しよう】

鳥羽塾 専任講師
天才 久志 正雄(ひさし まさお)

border