メールマガジン申込み
rogo
メルマガ登録
header

嫌なこと苦手なことを楽しいにする3つのステップ

おはようございます、中阪です。

 

朝っぱらから大変でした、、

 

娘が宿題が間に合わないってもう

泣きだしちゃって

 

朝からもうバタバタでしたよ

小学校4年生なんですけど

だんだんと勉強も難しくなってきて

思うように進まないんですよね

 

こうなると気ばかりが焦っちゃって

普段できてることまでできなくなってしまいます

 

僕らにとっては

「なんでこんなんできひんねん!」って

思うような簡単なことでも

 

当の本人にとっては

初めてやることなんだから

混乱してるのはよくわかります

 

それができるようにするためには

実際、数をこなして

理解を深めていくしかありません

 

「将来のためにも今頑張らんとね」

 

そうかも知んないけど

そんないつともわからん時のこと言われても

子供はピンときませんよね

 

ゲームだとね

新しくてもっと複雑な操作でも

なんなくこなして

めきめき成長していくんです

 

顔つきも真剣でまじめ

テキパキしてるしね(笑)

 

パパなんでこんなんできひんの?って

反対にやられてます

 

 

なんでゲームはこんなにできるのに

勉強だとダメなんかね~

 

子供に言わせれば当然のこと

僕らでも分かりますよね

 

ゲームは楽しいけど

勉強は楽しくないから

 

ここで一番違うのはやっぱり

「気持ち」ですよね

 

イヤだー、苦手だと思ってることは

後回しにしちゃうし、ぜんぜん進まない

 

たのしい、もっとやりたいって思うことなら

何時間やってても疲れない

 

「それがもっとできるようになりたい!」

っていう意欲がまったく違うんです

 

集客もね、僕は同じだと思ってます

 

初めてやることだから

なにから手をつけていいかわかんないし

 

苦手意識があるから

どんどん後回しになっちゃうし

 

効率も上がってこない

気ばかり焦ってくる

 

大人だって泣きたくなりますよね

 

それでも、学校の勉強とちがって

販促の勉強には

自分にいいこといっぱいあります

 

それもすぐに返ってきます

 

思うように物が売れるし

お店が繁盛する

お金も残りだすし

その上、お客さんといい関係が作れる

 

なにより気持ちにゆとりが生まれて

心おだやかになります

 

「自分の力で売り上げを作ってるんだ」

この自信は何にも代えがたい財産になります

 

はっきりいって当時僕がほんと

のどから手が出るくらい

欲しかったスキルです

 

最初はほんと

新しい計算問題にとりかかるくらい

 

頭こんがらがるし、おもうようにできないし

気ばかりあせるし

わからへん、投げ出したいって

思う時もあります

僕にだって何回もあります

今でもあります

 

そんな時、ぼくは思い描くんです

お店がお客さんであふれかえってて

みんなが喜んでる姿を

 

僕は忘れません

はじめてチラシをまいて

お客さんであふれかえってるお店

 

家族みんなの安堵とやすらぎの表情

お客様へ心から「ありがとう」の気持ち

 

それはあなたもなりたい姿じゃないですか?

実現させたいですよね

実現させましょうよ

 

それでは最後に

嫌なこと苦手なことを楽しくする3つのステップ

あなたに紹介したいとおもいます

 

それは

1、「こうなりたいってビジョンを思い描いて忘れない」

 

2、回数を繰り返して「わからないところ」を

どんどん減らしていく

 

3、すぐにできること、楽しんでやれるとこを見つけて

はずみをつける

 

この3つのステップです!!

 

 

 

それでは、今日も一日。

はりきっていきましょうーーー!!!

今日ごはんどこ行く?

おはようございます、中阪です

 

今日はお店休みなんです

 

休みの日にはたまに娘と外食するんですけど

大体、行くとこ決まってます

 

まず、一番に来るのが「くら寿司」

2番目は「びっくりドンキー」

3番目は「丸亀製麺」

4番目は「サイゼリア」か「ロイヤルホスト」

 

見ていただくとわかるんですけど

全部チェーン店なんですよね

 

それも「なんで?」っていう部分なんて

もっと単純で

 

  • くら寿司→ガチャガチャがあるから、寿司がおいしい

 

  • びっくりドンキー→ブロッコリーのはこぶねが好き、

ポテトにチーズがかかってるから

(ちなみにハンバーグ屋さんですけどね)

 

  • 丸亀製麺→飴ちゃんくれるから、うどんがおいしい

 

  • サイゼリア→間違い探しをやりたいから、ピザが食べたい

 

  • ロイヤルホスト→ラーメンが好き、(おもちゃついてくるから)

 

寿司、うどん、ハンバーグ、ピザ、ラーメン

 

大体子供が好きそうなものなんですけど

チェーン店なんで、そこそこうまいんだけど

 

料理で「ここがおいしいから行く」

ではないんですよね

 

そう考えた時に

自分のお店で、

今では何度か値上げもして

まあまあいい値段もとってる

 

おもちゃとかあるわけでもない

小さな個店にもかかわらず

たくさんのファミリーが利用してくれてるのって

ほんとありがたいと思います

 

ほとんど毎週のように

家族できてくれたり

 

毎月来てくれるお客様もたくさんいるんです

どうしてでしょう?

 

料理がおいしいから?

そりゃ、それで来てくれるのが

職人としては一番嬉しいんだけど

はっきりいってそこまで大きな差があるとは

思ってません

 

 

大体人が外食しようって思ったら

その中で「候補」は

3~5個までだと言われてます

 

自分で言うのもなんですけど

一般的なお客さんはうちの家庭がそうなように

 

チェーン店に流れてしまうのが

ほとんどじゃないでしょうか?

 

そんな中でこの「5個までの候補」に

入ることってなかなか難しいですよね

 

じゃあ、チェーン店に負けないようにするには

どうすればいいんでしょうか?

 

安くする?

サービスをよくする?

いいものを仕入れる?

清潔を保つ?

 

相手は大企業、そんなので勝負しても

財力で負けるのは目に見えてますよね

 

僕たちの強みってなんでしょう?

 

 

それは「あなた」です

この世界で唯一無二のあなたです

 

これは誰にも真似できません

 

あなたの趣味、誰のファン

考え方、信念、こだわり

好きなこと、きらいなこと

 

そういうことで共通点や

共感することを見つけた時

 

不思議と一気に距離が

縮まるんですよね

 

そしたらその人はこう思うんです

 

この人から買いたい

この人の作る料理が食べたい

この人を応援したい

 

 

この人に会いたい

話がしたい

 

そう思われるお店は

強いですよ

負けませんよ

 

お客さんからエネルギーもらえますよ

 

そのためには

「言わなくてもわかるやろ」はナシにして

 

あなたの頭の中にあることを少し

発信してみてくださいね

 

あなたのことが好きな人は

 

あっちのお店が安いからって

量が多いからって

ガチャガチャがあるからって

マンガがあるからって

 

離れていったりしませんよ

 

なんだか文章ぐちゃぐちゃな気もしますけど

僕の思い。伝わりますか?

 

つまり僕が

あなたに一番伝えたいことは

 

唯一無二なパーソナルなことを

もっともっと

お客様に伝えていくことが

 

お客様との信頼関係

固い絆作りに繋がるのです!!!

 

あなたのお店が繁盛することを

心から願ってます

 

それでは、いきますよぉ

 

今日も一日。

はりきっていきましょうーーー!!!

 

 

中阪文雄

 

名物はつくれる!

from      お店

 

おはようございます、

まだ正月気分が抜けてない中阪です

 

そして新年あけましておめでとうございます

 

うちのお店は昨日が仕事初めだったんですが

あなたはどうですか?

もうお仕事はじまってますか?

 

コロナはまだまだ続きそうだけど

みんなでがんばっていきましょうね

 

先週は限定すればするほど

人って手に入れたくなるというお話をしました↓

http://syoubai-hanjyou.com/column/structure/5499.html

 

今日はね、うちの名物について

ここだけの話をしたいと思います

 

父が亡くなって

これからどうやってお店を

盛り返していこうかと悩んでた頃

 

注目したのはメニュー中の

蒸し鶏と焼きそばだったんです

 

焼きそばはね、じっさいに僕も

とても思い入れのあるメニューだから

その思いを伝えるのはカンタンだったんだけど

 

蒸し鶏、これを売りたい

だって利益率も餃子の次にいいし

前菜として多くの人に食べてもらえたら

プラスの一品になるじゃないですか

 

じゃあ、どうしよう

一番最初にやったことはもうめちゃ簡単

メニューの前に「前菜人気NO.1」と書いただけ

 

これだけでもけっこう売れました

 

それでね、次にやったのは

メニュー表に写真をでっかく載せて

説明書きを加えました。

 

これでね、33年間ずっと通ってくれてたお客さん

はじめて「蒸し鶏」を注文したんです

 

「はじめて食べたけどおいしいな」

こう言ってくれた時に僕は

 

なんだ、ほんとちゃんと

伝えれてなかっただけなんや

 

そう確信を持ったんです

そこから自信がついて

 

もっと手軽に食べれるように

ハーフサイズを作ったり

 

原価率のいい

蒸し鶏と餃子をセットにした

ビールセットと作ったり

 

メニュー表をひらけば

「蒸し鶏」が3か所に登場します

前菜部門、人気メニューベスト3、

ちょっとずつ色々食べたいサイドメニュー

 

これに加えて、卓上POP、差し込みメニュー

テレビの下、みんなが目にしやすい場所には

「おかげさまでめっっちゃ売れてます!!」と書いた

蒸し鶏のパネル写真

 

外の看板にも

「蒸し鶏と焼きそばがおいしいお店」と変えて

でっかい写真を載せました

 

その結果、どうなったか

1週間に一羽注文して

それでも、売れなくて

廃棄しちゃうこともあった蒸し鶏が

 

今では毎日2羽、用意するように

なりました。

 

これは、実際に僕のお店で起こった

実話です

 

どうすればいいのかがわかれば

ちゃんと売れます

 

名物はお客様が作るものではなく、

自分自身で作れるんです

 

 

そのヒントは、、、

 

「ひつこいくらい

お客様の目に留まるようにすること」

 

あとはそのための販促物を

一個ずつこつこつと

作っていけばいいんです

 

2021年はじまりました!!

 

今年をいい年にしていきましょうね

 

がんばりましょう

 

 

では、いきますよぉー

 

今日も一日。

はりきっていきましょうーー!!!

 

 

中阪文雄

限定する本当の理由

おはようございます、中阪です

 

前回は僕の「甘いロマンス」

その失敗談から得た「確信」の話をしました↓↓↓

http://syoubai-hanjyou.com/column/think/5496.html

 

今日はなんの話をしましょうか?

ちょうど今、年末で

これをあなたが見てるのは大晦日なんですよね

 

僕はねこの日、夜中の3時半に起きて

厨房に入ってます

 

というのも年末大晦日に

中華おせちの予約販売をしてるからなんです

今年は45個聞きました

 

これでね、不思議なくらい

面白い現象が起こったので

あなたと共有したいと思うんです

 

今から5~6年前くらいになるかな

創業からずっと続けてた中華おせちなんだけど

ピンチに陥ってました

 

年々、数が減ってきて

全盛期は30個以上作ってたのが

ついには5個

 

どうしよう、来年はもうやめるか、、

そんな話にまでなったんです

 

当時は父と僕とで作ってたから

今よりもずっといいものを

提供してたんです

 

料理の腕に関しては

僕は父を超えることはできない

今でもそう思ってますんで

 

でも、どんどん数は減っていく

「もう需要がないんかな」

「不景気やし、しょうがない」

 

そうやってあきらめてたんです。

 

それがどうして今、

当時16,000で売ってたのを

20,000円にまで値上げして

 

45個の発注を受けて

それでもなお、「どうしても欲しいから

なんとかならへんか?」

 

そんな風に言われるようになったのか

あなたはどうしてだと思います?

 

ちなみにうちの近所には

同じように中華おせち売ってたお店があります

そこはそのまま受注が減っていき

ついにはやめてしまいました。

 

 

1つは、繁盛店になったこと

正確には「繁盛店に見えるようにした」

なんですけど

 

もう1つは限定したこと

数量30個限定

12月10日までは早割で18,000円

 

そうすることで

年々、早く埋まるようになったんです

 

今年は30個になった時点で

「好評につき完売御礼」と

張り紙がしました。

 

そうしたときになにが起きたか

 

すでに注文してる人は

「早く注文しといてよかったぁー」

 

まだだった人は

「まだ行けますか?」と尋ねてきて

 

「いいですよ、大丈夫です」というと

「よかった!ありがとう」です

 

結局完売の紙を貼ってから

15個さらに受注しました

 

でもね、じつはこれ

最初から想定済みなんです

そうなることがもうわかってた

 

今では経験からわかるけど

最初は勇気いりましたよ

 

まだ行けるのに

こっちから完売って札はるんです

 

普通だったら売れるだけ売りたいって

思うじゃないですか

 

でもそれをすると

「まだ大丈夫」

「いつでも買える」って

思われるんです

 

最近だとマスクなんかそうですよね

 

品薄で手に入らないって思うと

「どうしても欲しい!」って感情が

信号を送ってくるんです

 

とくにそれが危険や恐怖にかかわることなら

なおさらです

 

あなたもAmazonや色々手を尽くして

なんとか手に入れようとしませんでしたか?

高くてもそんなのお構いなしに買いませんでしたか?

 

今では在庫があふれて

見向きもしなくなりましたけどね

 

ここでしか手に入らない

今しか手に入らない

 

そう思われるようにするには

どうすればいいか

 

これをするだけで

あなたの価値がぐんと上がりますよ

 

一緒に繁盛店。作っていきましょうね

 

それでは、いきますよぉ~

 

今日も一日。

はりきっていきましょうーーー!!!

 

中阪文夫

甘いロマンスのお話?です

おはようございます、中阪です。

 

前回は僕が

月商を3倍にまで引き上げたヒミツについて

お話しました

 

前回のお話↓↓↓

http://syoubai-hanjyou.com/column/think/5494.html

 

今日のお話はね、

僕の若かりし頃の

恋愛にまつわる話です

 

そう、あれは僕が

高校生だったころ

 

図書委員をしてたんです、僕

まぁ~、目立たない存在だったんで(笑)

 

それでね、1つ下の後輩がいて

その子も図書委員でして

 

そんなかわいい子でもなく

目立つ子でもなく

ニキビもたくさんあって

背も小さい

あとガニマタ

 

そんな子だったんですね

 

でもね、まあ、放課後

図書館に集まるじゃないですか

 

そしたらね、その子が

「先輩、これあげる」ってんで

飴ちゃんやら、ちいさな手紙やら

渡してくるんですよ

 

これがね、半年くらい続いた時

僕の中にある変化が起きました。

 

もうおわかりですよね

「惚れてまうやろぉーーーーー!!!」ですわ

 

いつのまにかその子に

好意を抱く自分がいたんです

さっき言った弱点なんて

まったく目に入らなくなってた

 

今日は来ないなぁ~とか

マネしても僕も手紙書いたりなんかして

 

「ちょろいな!自分」って

言わないでくださいよね

 

自分でもわかってるんですから

 

まあ、それでどうなったかわ

最後に書いておきますけどね

 

もう一つ、大学生の時です

けっこうかわいい子で

頭も良く、性格もまじめな

そんな子と付き合ってたんです

奇跡的に

 

ラブラブだったんですけど

夏休みを利用して

その子が船でアメリカだったかな

ん?オーストラリアか

 

なんせ短期留学にいったんです

もうかなり昔の話なんですけどね

3か月くらいの期間だったと思います

 

「絶対手紙書くからね!!」

「待っててね!!」

フェリーの乗り場で

テープをお互い握りしめて

切れるまでもう、、、、

 

ロマンチックに見送ったわけですよ

 

ところが、手紙は一通も

来ませんでした

 

海外で視野も価値観も

めちゃめちゃ広がった彼女は

僕の元から

パタパタと羽ばたいていきました、、、

 

いやいや、あれだけ

別れ悲しんでたやん!?

 

もうね、頭の中?????でしたよ

 

恋は盲目ですよ

青春だったなぁーーーー!!!

 

今ならわかるんですけど

「間が空きすぎたんですよね」

 

遠距離恋愛ってロマンスですけど

これで気持ち維持するのって

よっぽど好きでないと

かなり!エネルギー使いますよね

 

僕はね、撃沈しました。

カリスマが足らんかった、、、

 

でもね、僕はこの時に学習したおかげで

今、とっっっっっても

役立ってます。

 

「お客さんをほったらかしにしたら

いけません」

 

いつもほっといても

相手の方から来てくれるなんて

よっぽど向こうが惚れてないと無理です

 

手紙あげるんです

飴ちゃんあげるんです

メールあげるんです

 

なにかしらお店に来た時以外に

接触できる手段を持ってないと

 

心はすぐに離れちゃいますよ

 

だってお店にいる時間なんて、、、

ほんの2~3時間ですよね

 

一か月に一回来てるとしても

30日×24時間=720時間

のうちのたった2時間

 

毎日の朝バタバタする時間

忙しい仕事、家事、子育て

あなたのお店のことを思い出す時間なんて、、、

ほとんど機会ないですよね

 

逆にこの時

いつも郵便ポストに

あなたからの手紙が入ってたら、、、

 

なにかしら嫌なことがあった時に

あなたからの手紙で

少し気が晴れたなら

 

「惚れてまうやろーー!!!」

ですよね

 

僕はちょろ過ぎですけど

勉強熱心なあなたなら

ご存じだと思うんですけど

 

「ザイアンス効果」

(単純接触効果)

 

一回長い時間接触するよりも

短い時間でも

何回も何回も

接触する方が好感をもたれやすい

 

これをね、僕は青春時代に

身に染みて体験しました

 

だからあなたも

恋愛するつもりで

 

お客様と関わってくださいね

 

それが

「いつもお便りありがとう」

「ごちそうさま、おいしかった」と言われる

お客様との間柄を

 

あなたが作りあげる方法です

 

それでは、いきますよ

 

今日も一日。

はりきっていきましょうーーー!!!!!!

 

P.S

図書委員の彼女とどうなったかというと

 

 

僕の方から告って

「陸上部に好きな先輩がいるから、、、」

 

なんやねん!もうっ

僕が月商を3倍にした最大のヒミツ

おはようございます、中阪です。

 

前回はPOPで本当に

お客さんの注文がとれるんだ!

その手ごたえを感じた実体験について

お話しました

 

前回のお話↓ 【さあ!売るぞ!!!】

http://syoubai-hanjyou.com/column/think/5491.html

 

それにしてもほんと

ここ二日ほどで一気に

冷え込んできましたね

 

風邪などひかないように

十分注意してくださいね

 

今はいつもと違って

ちょっとした風邪でも

みんな敏感になってますからね^^;

 

僕たちは体が資本

体が動かなくなったら即

売り上げにも影響してきますよね

 

だから健康管理はほんと言うと

最重要課題にあげておくべきなんですよ

 

今日はですね、ちょっと意外かもしれないけど

僕が月商を3倍にした最大のヒミツについて

お話したいと思います

 

僕は今、健康管理と体を鍛えるために

休みの日には

海べを走りに行って

それから山登りをして

その後テニスレッスンをする

っていうのを

 

もう2年くらい続けてます

 

「おいおい、今はそれどころじゃないんだ!

とにかく体を酷使してでも

お金がほしいんだ

 

実際、朝から晩まで働いてるのに

 そんな時間どこにあるねん!」

 

って思うかもしれませんよね

 

僕もね、これらをないがしろにして

生活費のためと

朝3時とかに起きて

スーパーで野菜の品出しをして

それから夜10時まで店の仕事ってのを

やってたことがあります

 

心身ともに疲れ果てて

でも売り上げは一向に上がらない

 

忙しなった時にも頭が回らないんです

体が動かないんです

 

どこかにヒマであってくれ

ちょっと休みたいから、、、

そんな気持ちもあったかもしれません

 

それは、お店の雰囲気、味、サービスにも

影響してきます

これじゃあ、いつまでたっても

状況がよくなることはありません

 

そんなアルバイト代

得意なこと「自慢の料理を売る」

ができればその何倍も稼げたのに

一番大事なものを犠牲にしてしまった、、、

 

今でこそわかりますが、

当時は必死だったんです

 

あなたには

僕と同じようなあやまちをしてほしくないんです

 

だから今まで後回しになって

やってこなかったこと

 

販促のための時間

体を動かす時間を

ちょっと取り入れてみてください

 

 

一日15分からでいいので

入れてみてください

 

一日は1440分

そのうちのたった15分です

 

これを続けていくことが

歯磨きと同じように

習慣になったとき

 

みるみる悩みから

解放されていきますから

 

じっさいその方が

仕事もばんばんはかどって

だらだらするよりもすごく

短い時間で

いろんなことが片付いていきます

 

店が忙しくなっても

自分の力で忙しくしてるんだから

「よっしゃーー!どんと来い

どんどんさばいちゃる!!」って

心構えでいられます

 

売り上げも、効率も、体の調子も

どんどん良くなって

いいサイクルが回り始めるんです

 

僕が月商を3倍にした最大のヒミツ

それは「毎日すこしずつでも先に進むこと」

 

そのための

今日の行動を決めることができるのは

やっぱりあなたしかできないんです

 

めっちゃ小さなステップから

一段

のぼっていきましょう

 

POPを1つ書いてみる

アンケートを1つとる

写真を一枚とってみる

勉強する時間をとる

 

こんなことでいいの?って

焦るかもしれないけど

 

大体みんなでっかいことしようとして

壁の前に立ちどまってしまうんです

 

僕は小さな階段をひとつずつのぼって

ふりかえってみたら、、、

 

これだけ高くまでのぼれてた

それがあなただけの自信になります

 

あなただけが受け取ることのできる

自信です

 

がんばってください

一緒にがんばりましょう

 

今日を一日。

はりきっていきましょうーーー!!!

 

中阪文雄

さあ!売るぞ!!!! 

 

おはようございます、中阪です。

 

前回は僕が落ち込んでた時に

どうしていいのかわからない

不安で不安でいっぱいだった時に

 

ぼくを救ってくれた出来事について

お話しました。

これがあってから僕は

落ち着いて、周りを見渡す余裕ができた

そんな気がします

 

前回のお話↓

http://syoubai-hanjyou.com/column/think/5488.html

 

12月に突入しましたね、

今、うちのお店では牡蠣を使った

季節限定のメニューがあるんです

 

色々作ったPOPの中でも

「なんか知らんけどこれが圧倒的に効く」

そんな最強のPOPがあるんです

 

これはほんと、POPというものを

作り始めて間もない頃

偶然できたものなんですけど

 

それから1字1句変えずに

ずーーっと使い倒してます

 

今はね、その理由も分かって

そこから脚色して

ブログで使ったりもしてるんですけど

 

POPや看板は

手っ取り早く

「伝える」ということの訓練をするには

めちゃめちゃいいツールだと思います

 

そのPOPは

「あつあつのあんかけを

あげそばに とろり

パリパリ、ポリポリ

クタッとなったのもうまし

2度おいしい」

 

これを貼りだした途端

揚げそばがポンポン出ます

 

もし、あなたが同じような商品を

売っているのであれば

そのまま使ってみてください

 

かならず、効きますから

 

職人さんはこういうのが苦手です

僕もそうだったからよくわかります

真似することも嫌いです

 

でもね、修業してきたときは

全部先輩の言う通りにやってきましたよね

 

勝手なことしたら

どつかれましたよね(笑)

 

僕はこれも修業だと

思ったんです

 

鳥羽さんから教わったことの一つに

「五感を使った表現をしなさい」

というのがあります

 

音や、あたたかさ、つめたさ

触りごこち

 

そんなのをPOPに盛り込むんです

なんでかというとそれは

 

読んだ人がそれを疑似体験できるからです

 

食べたような気になる

袖を通したような気になる

使ってみた気になる

もうすでに買って、手にしてるような気になる

 

これはいい商品です!

これはおいしいです!じゃ

 

想像できないんです

あなたの商品は

あなたが一番よく知ってます

 

それを使ったり、食べた時に

どんな風に感じるのか

それを伝えてみてくださいね

 

いいものを作ってるのに

それが売れないのは悲しいです

 

だったらそれを良くしていくのも

修業ではないでしょうか

 

それでは、今日も一日。

はりきっていきましょうーーーー!!!

 

中阪文雄

笑顔のすごい力

おはようございます、中阪です

 

前回はアンケートを取ることの本当の意味について

話ました。

こういう未来が待ってるんだってわかってたら

当時の僕ももっと

行動が早くなっただろうなぁ~って思うんです

 

あなたにもそんな未来をちょっと見て欲しかったんです

 

前回のお話し

http://syoubai-hanjyou.com/column/think/5484.html

 

 

今日はそうですね、、、、

そう、僕がすっごく落ち込んで

沈んでいた時期に

 

これがあったから立ち直れた!

そんなお話をしたいと思います

 

あれは父が亡くなって

お店を再開後、

5日ほどたった時にことでした。

 

あるおじいちゃんが息子さんにひっぱられて

お店に入ってきたんです

 

それはKおじいちゃん

それまではほんと毎日

食べにきてくれていたおじいちゃんだったんです。

 

そのおじいちゃんが息子さんにひっぱられて

入ってきました

 

何事かと思いましたよ

 

表に出て話を聞くとね

「おじい、悲しそうな顔見るのが

つらいからよう食べにこれんかったんやと」

 

そういやあれから顔見てないなと

思ってたんですけど

 

まさかそんな風に思ってるとは

知りませんでした

 

Kおじいちゃん、身内のように

僕たちの悲しみ感じてくれてたんや、、、

 

そうやったんや

 

「なんや、そうやったんや

大丈夫やで、おじいちゃん。ありがとう。すわって」

 

そうして父が亡くなってからはじめて

にっこり笑えた気がします

 

そんなことがあるまで自分では

気づかなかったんだけど

 

悲痛な、影のある顔してたんだろうなぁ

そんな様子じゃあ、食べにきたく

なくなるよね

 

そのことがあってから僕は

お店ではできるだけ穏やかに

にっこりとした顔をするようになりました

 

そうすると笑顔が返ってきました

お店の雰囲気も変わりました

笑顔になってると

僕自身もだんだん明るい気分になってきました。

 

つらいこと、かなしいこと

苦しいこと、不安、恐れ、あせり

 

それぞれみんな、色々抱えこんでますよね

 

でもそんな時こそ

無理くりにでも

笑顔でいてほしいと思います

 

笑えるような状況じゃないのはわかってます

でも悩んで、沈んでる気持ちのままで

なにか手を打とうとしても

うまくいかないことが多いです

 

どこかにそんな影が潜んでるのかも

しれませんね

 

だから今、僕はまず朝起きたら

鏡の前で自分自身に微笑みかけるんです

 

そうすると感情はあとからついてきます

まずは笑顔を作って

快活さを取り戻したように

ふるまってれば

 

だんだんとそうなってきます

 

そこから楽しんで

ご商売や販促物

作ってみてくださいね

 

そこにエネルギー、

宿りますから

 

それでは、今日も一日。

はりきっていきましょうーーー!!!!

 

中阪文夫

 

 

アンケートなんて取ったことない! 

おはようございます、中阪です

 

前回が僕が最初に立ちどまってしまった

「自己開示」の大切さについて話しました

 

前回のお話↓

http://syoubai-hanjyou.com/column/think/5482.html

 

 

今日は、

僕が鳥羽さんと出会わなかったら

 

たぶん

手にすることも

大事さに気づくこともできなかった

「たからもの」

についてお話したいと思います

 

この抵抗は

僕にとってもすさまじく

 

鳥羽さんを信頼していたからこそ

行動に移せたんだと思います

 

 

それでは、今日はここから

 

「お客さんからアンケートなんて

取ったことがない」

 

一体どうすればいいのか

全然わかんない

 

当時

ぼくもこの壁には

つまずいていました。

 

敬遠されたらどうしよう

断られたらどうしよう

もう来なくなったらどうしよう

 

そんな不安が

当時

僕の頭を支配していました。

 

もうね、ほんと

鳥羽さんが言うように

「えいや!」と取る方がずっと

手っ取り早いし、

「やってみたらわかる」

 

その通りなんだけど

僕の中に巣くう抵抗感は

相当なものでした

 

顧客情報の侵害、プライバシー

そんな重っ苦しい言葉が

頭をもたげてたんですね

 

ほんと、やってみればわかるんだけど

 

正直、こういう

「顧客情報が何だとか、、、」

「プライバシーの侵害だあ~」

 

このような

キーワードを言う人は

 

今までは常連だったかもしれないけど

今後、お店が順調に繁盛していけば

いずれフェイドアウトしていく人なんです。

 

そう、

自然といなくなるんです

 

本当にお店のファンで

お店のことを良く思ってて

これからも通ってくれるお客さんは

こころよく書いてくれるんです

 

書いてくれなかったからといって

ヘコムことはまったくないんです

 

「そうなんだ、ざんねん」

それくらいの反応でいいんです

 

それどころか

鳥羽さんのアンケートの方法を使うと

実際にはまったく逆のことが起こります

 

書いてくれた人は

今まで以上にお店のファンになってくれるし

来る回数も増えるし

新しいお客さんを連れてきてくれたりも

します

 

さらにいいことに

アンケートの中には

自分らじゃ考えつかなかった

「お店の良さ」

「気に入ってるところ」

「なぜ、このお店に来るのか」

 

こういうことが含まれてるんです

 

だから、

アンケートをとることが

あなたのお店の良さを

発見することにもつながります

 

僕はお店のアンケートの中で

「答え」を見つけました

 

「やきそば最高」

「家庭的な雰囲気が大好きです」

「33年間通い続けてます、

いつも安定した味が大好きです」

 

そんな風に思ってくれてたんだ!

 

面白いですよ

自分のお店の宝物を

発掘したようなよろこびがあります

 

それに、ここから

お客様との繋がりが始まります

 

いつもありがとう

お客様の方からそんな風にいわれるお店に

なりたくありませんか?

 

びっくりするけど

アンケートはそのための鍵なんですよ

 

今ではお客様の方から

ハガキ欲しいからといって

住所を書いてくれるんです

 

僕が最初にあつめたアンケートは

たった33枚でした

ん?34だったかな

でもそれくらいのもんです

 

あなたはたぶん、これ以上に

軽く集められると

思います

 

こんな僕でもできたんですから

あなたにもできると信じてます

 

最初の一歩

これが一番抵抗あるけど

 

そこを超えれば

ころころと転がっていくもんですよ

 

あなたのお店が繁盛することを

応援しています

 

それでは、今日も一日。

はりきっていきましょうーーー!!!!

 

中阪文夫

 

P.S

今のあなたならきっとできる!

あなたのお店の未来を変える

最速で最高の方法を知りたい人はこちら↓

http://syoubai-hanjyou.com/kyouzai02

けっこうみんなつまづいてるんじゃないでしょうか?

おはようございます。中阪です。

 

前回は

大きな借金を背負って

途方に暮れてた僕が、

わらをもつかむ気持ちで相談した

4人の賢者たちのお話をしました。

 

前回のお話

「4人の賢者たち」

http://syoubai-hanjyou.com/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/5478.html

 

それでは、今日はここから

お話したいと思います。

 

 

はじめは難しかったけど、今はカンタン

僕がそう言えるもののトップは

やっぱこれです

 

それでもって、今でも一番大切なことです

 

鳥羽さんのもと、

集客マスターを始めるにあたって

僕が一番最初につまづいたのが

 

「自己開示しなさい」

 

この呪縛を解くまでには

かなりの勇気がいりました。

 

というのも、周りの飲食店で

そんなことをやってるお店は

一軒もなかったからです

 

それどころか

そんなことをするのはどこか

タブーとされてるような

そんな思い込みがあったんです

 

おそらくあなたの周りや

もしかしたらあなた自身もまだ

そんな考えを持ってるかもしれませんね

 

そんなことをして

周りからはどう思われるだろう?

おかしくなったとか言われたらどうしよう

 

そもそも引っ込み思案だった僕に

そんなことできるだろうか?

正直はずかしいし、こわい

 

この時に思い出したのが

ディズニーだったかな

旅行に行った時のことを

ハガキに書いてお便りをした

あるサロン経営者の話でした。

 

そんなことを書いて

お店にお客さんがくるとは

考えられない

 

だってお店のことと

全く関係ないやないか

 

でも、その時に鳥羽さんが言った言葉が

深く刻み込まれてました

 

「それがいいんだ」って

 

僕たちがするのは

お客様と絆を作ること

 

そのためにはまずこちらから

「オープン」にすることが大事だって

 

だから、僕は

A4のの白い紙にこう書いたんです

 

 

僕の名前は中阪文雄です

僕の得意料理は「やきそば」です

 

それは父にはじめて

教えてもらった料理だからです

あなたにもぜひ食べてほしいです

 

 

それに自分が料理してる写真を

貼って表のガラスに貼り付けました

 

 

自分の写真を外にさらけ出したのは

この時が初めてです

 

たったこれだけのことなのに

当時そわそわどきどきしたことを

今でも覚えています

 

今考えたらそんなの序の口

それでも

当時の僕にとっては大冒険だったんですよ

 

やきそばの注文が

めちゃくちゃ増えたらどうしよう

 

なんやあれと

バカにされたらどうしよう

そんなことを色々心配してました

 

正直なところ

それが貼ってあることなど

気づいた人がどんなにいるかもわかりません

 

今思えば

そんな程度挑戦だったんです

 

でもこれは

僕が変化に立ち向かった第一歩

勇気をふりしぼった第一歩

 

それがこの一枚の紙でした。

 

これから先、あなたはたくさんの変化を

経験することになります

 

 

でもね、覚えておいてほしいのは

 

「同じことをやってれば、同じ結果にしかならない」

 

「同じことをやってて、違う結果を期待するのは狂気だ」

 

このことを心に焼き付けて欲しいんです

 

 

もし、本当にお店を良くしたいなら

変わることを受け入れる勇気が必要です

 

 

それは、最初はとっても抵抗のあることだけど

僕のような小さなことからはじめて

まずは、その変化を自分で起こした

「自信」を手に入れてください

 

車を運転するときのように

最初動かすローギアが一番エネルギー使うけど

 

一度走りだしたらそこから

セカンド、サードに入って

スピードもどんどん加速します

 

いい方にも悪い方にも

動き出したらコロコロ転がっていくんです

 

だったらあなたは

どっちに転がしたいですか?

 

それでは、今日も一日

はりきっていきましょうーーー

 

 

中阪文雄

border